サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

ブログのリライト効果はローリスクミドルリターンだからやった方が良い

  • 2018年10月17日
  • 2018年10月20日
  • ブログ

ブログのリライト効果は、ローリスクミドルリターンなので、やった方が良いと僕は考えています。

というのも僕が試したところ、検索順位が上がる効果も下がる効果も確認しているんですけど、大幅な下落は経験していないんですよね。

リライト効果で順位が47位も上昇したこともあるので、今の時点ではリスクよりもリターンの方が大きいと感じています。

とはいっても「効果ってどんなもんなの?」と思うかもしれないので、この記事では実際にリライトしてどれくらい効果があったのかを事例として紹介します。

参考がてら見てみて下さい。

広告

検索順位が上がった効果があったリライト

12位から9位に

不要な章を削除するリライトをして順位が上がった

ブログ記事の中で、「この章は別になくても良いな…」と思う章を削除したところ、ブログのリライト効果が現れました。

3位→2位→1位に

見出しにサジェストKWを追加したら順位が上がった例

見出し内に、サジェストキーワードを追加したことで効果があったリライトです(その後下がっていますけど。リライト直後は上昇してます)。

サジェストキーワードとは、検索枠に表示される検索候補キーワードのことですね。

サジェストキーワードの例

76位から64位に

見出しにサジェストキーワードをリライトをして順位が上がった

こちらも見出しにサジェストキーワードを入れたことで効果があった例です。

そのあと100位圏外になっていますけど、これは9月下旬にあったであろうグーグルアップデートの影響によるものですね。

その後は順位は回復しています。

strongタグ削除によるリライト効果

以下は、テキストを太字にして強調するstrongタグを削除したことで効果があった例です。

34位から30位に

10位から8位に

strongタグを削除するリライトをして順位が上がった

10位から6位に

strongタグを削除するリライトをして順位が上がった例②

33位から21位に

strongタグをすべて削除して、検索順位が33位から21位に上昇。

6位から5位に

strongタグを1つだけ残したら、検索順位が6位から5位に上昇。

ただ、順位が若干下がったものもありました。誤差かもですけど。

strongタグのSEO効果については、以下の記事でまとめています。よければ参考にしてみて下さい。

strongタグはSEOに影響するかも|削除して順位上がったから

内部リンク追加による効果

そして以下は、あるページ(A)を内部リンクとして別ページ(B)に追加した結果、AもBも順位が上昇した例です。

実際に「ブログ 書き方」というキーワードで作った記事の中に、関連する別の記事を内部リンクとして追加しました。

28位から26位に

内部リンクとして追加したら順位が上がった例④

これが内部リンクを追加した方のページですね。

そして以下は、内部リンクとして追加されたページの順位です。

28位から6位に

内部リンクとして追加したら順位が上がった例①

18位から12位に

内部リンクとして追加したら順位が上がった例②

20位から12位に

内部リンクとして追加したら順位が上がった例⑤

67位から38位

内部リンクとして追加したら順位が上がった例⑥

27位から20位に

内部リンクとして追加したら順位が上がった例⑦

2位から1位に

内部リンクとして追加したら順位が上がった例⑧

タイトルのリライト効果

ブログタイトルのリライト効果については、別の記事でリライト方法と一緒にまとめています。良ければ以下を見てみて下さい。

タイトルを変更するブログのリライト実例公開|47位も上昇の例あり

以上、ブログをリライトして順位が上がった効果の例でした。

次に、リライトしてもあんまり効果がなかった例についてもお伝えします。

検索順位が下がった、もしくはあまり効果がなかったリライト

47位から48位に

strongタグをすべて削除したら、検索順位が47位から48位に下がった。

先ほどは検索順位が上がった例として紹介した「strongタグの削除」ですが、下がったケースもあります。

同じリライトでも、記事によっては効果がある場合と無い場合があるということですね。奥が深い。というか、要因は誰にも分からない。

39位から44位に

見出しにメインKWを入れた後、順位が下がったリライト

見出しにメインとなるキーワード(検索で上位を狙っているキーワード)を追加したのですが、翌日順位は下がっていました。

まあ、9月下旬のグーグルのアップデートが影響している可能性も考えられますが…。

30位から30位と変わらず

内部リンクとして追加したら順位が上がった例③

こちらも先ほど紹介した「内部リンク追加効果」と同じリライトを試したのですが、変わらなかったんですよね。

やっぱり、同じリライトでも効果のあるなしは変わってくるので、試してみるしかありません。

以上、あまり効果が感じられなかったリライトの一例についてもお伝えしました。

リライトの効果が表れる期間

僕が確認した範囲では、リライトの効果が1分後に現れることもあります。

またリライトしてから数日、数週間という期間が経って、順位が上昇していくケースもありました。

が、期間がある程度経ってから見られる効果は、他の要因も考えられます。なので、リライトして1ヶ月後に効果があったからと言って、そのリライトが影響したとは言えないんですよね。

ただ僕の経験では、リライトしてすぐに順位が落ちていく場合は、その後も落ちていく傾向があると感じています。

なのでリライトしてすぐ(それこそ数分後から3日以内とか)に順位が下がった場合は、そのリライトは失敗だった可能性がありますね。

その場合は焦らず、元に戻すか別のリライトを試すなどして、対処してみてください。

リライトの効果は試してみなければ分からない

同じリライトをしてみても、ある記事は順位が上昇し、別の記事は順位が下がるなんてこともあります。

なので、試してみなければ効果は分かりませんね。

ただ、大幅下落は今のところ経験していなので、ローリスクミドル(ハイ)リターンかなという感じです。

変なやり方をしなければ大丈夫ですし、仮に順位が下がっても元に戻せばよいだけ。

なので、ブログのリライトって効果あるのかな…と悩む暇があるくらいだったら、試してみることをおすすめします。

ブログのリライトのやり方については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

ブログのリライトのやり方まとめ|駄記事を検索上位に押し上げよう

以上、お読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える

ブログのリライト効果はローリスクミドルリターンだからやった方が良い
最新情報をチェックしよう!
広告