副業で月3万円を目指し、さらに大きく稼ぐための副業の選び方

副業で月3万円を目指し、さらに大きく稼ぐための副業の選び方

副業で月3万円稼ぐのは、ぶっちゃけ難しいです。

実際、株式会社GVの「副業に関する調査結果」によると、副業経験者の8割が副業月収3万円未満です。

なので、生半可な気持ちでは月3万円を達成できません。

が!やり方次第では月3円以上稼ぐことは出来ます。実際、僕は副業時代に月14万稼いでいました(本文に画像アリ)。

ということでこの記事では、色んな副業を試してきた僕がおすすめする副業と、おすすめしない副業についてお伝えします。

ゆくゆくは副業で月3万円以上狙える副業を紹介しているので、副業選びの参考にしてみて下さい。

副業で月3万円稼ぐ際に意識したいこと

「副業で月に3万円稼ごう!」

と思って副業選びをすると思いますが、その時に考えてほしいことがあります。

それが「発展性があるかどうか」です。

発展性がある副業とは、その副業を続けることで、収入が大きくなっていったり、別の仕事に役立てられたりするものを指します。

逆に発展性がない副業とは、その副業を続けても収入が大きくなることはなく、他の仕事にも活かせないものです。

具体的には後述していきますが、せっかく忙しい合間を縫って副業するのであれば、発展性があるものを選んでいきましょう。

月3万円以上継続して稼げる確率が増えますし、軌道に乗れば本業の収入を越えて、独立や起業などの選択肢が生まれるからです(するかしないかは別として)。

では、どんな副業を選べばよいのか?次の章でお伝えします。

月3万円副業で稼ぐおすすめの仕事

月3万円副業で稼ぐためのおすすめの仕事を、以下の2パターンに分けて紹介します。

  • スキルなしでも始められる副業
  • スキルがないと始められない副業

どちらも発展性があります。要は、スキルアップして、経験を積んでいけば、月3万円以上を稼ぐことも可能になるということですね。

ただし、当然向き不向きもあります。100人中100人が同じように稼げる副業なんてありません。

なので、自分に何が向いているかを考えつつ、興味のある副業を始めてみて下さい。

スキルなしでも始められる副業

まずは、スキルなしでも始められる副業として、以下を紹介します。

  • ライター
  • アフィリエイト
  • YouTube
  • ライブ配信

ライター

ライターはスキルなしで始められる副業の一つです。

ただし、スキルがなくても出来るライティングの仕事は、誰でも書ける=報酬が低くなりがちです。

なので最初は経験を積むことを目的としてこなしつつ、徐々に「SEOライティング」や「WEBライティング」を身に着けて、報酬が高いライティング案件に挑戦していくことをおすすめします。

ちなみにライティングの仕事は、ランサーズやクラウドワークスなどの、クラウドソーシングで探すことが出来ます。

また報酬ですが、ランサーズによるとライティングの相場は以下の通りです。

一般的なテーマ:0.5 〜 2.0円 / 文字
特定のテーマ:0.8 〜 3.0円 / 文字
専門性なテーマ:1.2 〜 5.0円 / 文字

仮に3,000文字書いた場合は、それぞれ以下のような報酬になりますね。

一般的なテーマ:1,500円~6,000円
特定のテーマ:2,400円〜9,000円
専門性なテーマ:3,600円〜15,000円

※クラウドソーシングは上記から手数料が引かれます!

ちなみに僕は「ダイエット」と「英語」のライティング案件を企業から直接請けていますが(2019年11月現在)、1記事2万円×月8本の契約でやっています。

ライターに限りませんが、ライバルが少なければ少ないほど単価が高くなる傾向があります。

なのでもしあなたが専門知識を持っていて(もしくはこれから身に着けようとしていて)、ライティングの仕事に興味があるのなら、クラウドソーシングで仕事を探してみて下さい。

参考:WEBライターになるには|仕事の流れや収入の上げ方まで現役が解説

アフィリエイト

アフィリエイトもメジャーな副業の一つです。

とくに資格やスキルがなくても始められます。また初期費用として、サーバー代やドメイン代などで月1,000円ほどかかることがありますが、それ以上にお金がかかることはまずありません。

ただし…!始めたからといって即稼げるようになるわけでもないです。

実際、NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の2019年の「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019年」によると、54.6%の人が月5,000円未満の収入です(無収入は29.7%…!)。

が、同調査では、「昨年度と比べて収入が増えた人は34.5%」なので、諦めずに継続することが大事だということが分かります(まあ、残りは「変わらない」「減った」人なのですがね…)。

ちなみに僕はアフィリエイトではないですが、グーグルアドセンスという広告をブログに貼り付けて、以下の収入を得ていました。

※僕が前職を辞めたのは2018年2月末で、上記の報酬を得るために2017年末から副業として作業していました。

アフィリエイトというのは、コツコツ積み上げていくことが重要です。半年間収入ゼロというのもざらにあります。

なので、長期的に取り組んでみて下さい。

仮にうまく稼げなかったとしても、ブログ運営やアフィリエイト、ネットで物を売る知識などは身につくので、決して無駄ではありません。

ちなみにアフィリエイトが分からない場合は、僕が書いたnote「ブログの7つの稼ぎ方|稼ぐ仕組みと収入UPの各施策についても紹介」を参考にしてみて下さい。収入アップの方法についても書いています。

YouTube

YouTubeもスキルなしでも始められる副業の一つです。

が、センスは必要です。どんな動画が再生数が伸びるかの目利きも必要です。

また、YouTubeで収益化するためには以下の条件をクリアする必要があり、継続する根気も必要です。

  • チャンネルの過去 12 か月間の公開動画の総再生時間が 4,000 時間
  • チャンネル登録者が 1,000 人に達している

ただ、好きなことを動画で配信していたらいつの間にか人気になっていたという人もいて、何が当たるかはやってみなければ分からないです。

もし趣味があったり、はまっていたりするものがあれば、YouTubeを始めてみると良い副収入を得られるようになるかもしれません。

YouTubeを通じて出版したり、TVに出たりなど、発展性は十分あります。

ライブ配信

ライブ配信も、特別なスキルがなくても始められます。

今では「投げ銭」でファンから直接お金を貰えるサービスもあり、1回の配信で10万円以上稼いでいる人もいます。

例えば、「maru 마루」という方のYouTubeの雑談ライブ配信では、1時間くらいで20万円以上投げ銭されていました。まあ、キレイな女性だからっていうのはありますけどね。エロ要素一切なしでこの金額です。

また、ゲームのライブ配信による投銭も盛り上がっていて、2015年~2018年にかけて年間の投銭金額が約3.5倍になり、1億4,100万ドルに達したという調査もあります。

向き不向きはあるのですが、ライブ配信もメジャーな副業となるかもしれません。

ファンを獲得できれば、ファンとイベントをしたり、ファンに向けて何かを売ったり出来るため、発展性があります。

スキルがないと始められない副業

続いて、スキルがないと始められない副業として、以下を紹介します。

  • WEBデザイン
  • 動画編集
  • 写真・動画撮影
  • イラスト制作
  • ハンドメイド販売
  • 翻訳

WEBデザイン

WEBデザインはスキルが求められますが、スキルを上げて、実績を積んでいくことで、単価を上げられる仕事です。

WEBデザインの需要は、まだまだなくならないはず。

というのも、矢野経済研究所の調べでは、2017年から2022年にかけてインターネット広告国内市場規模は約1.8倍になり、ネット広告のWEBデザインの需要も増えると予想できるからです。

それだけでなく、インターネット利用率も増えているというデータがありますし、ネットを見る人がたくさんいれば、そりゃ広告を流したい企業がどんどん出てきます。

で、彼らがWEBデザインの仕事を発注したりするわけです。

ちなみに2019年10月9日にがYouTubeを始めたことで、TVしか見ていなかった層もネットに流れてくるはず。で、ますますネット利用者は増えるんじゃないかなと。

WEBデザインを身に着けておけば、比較的長いスパンで仕事に困らない可能性がありますね。

肝心の報酬ですが、WEBデザインは何を作成するかによるんですけど、例えばランディングページの制作の相場は以下の通りです。

1-2ページ:50,000 〜 150,000円
3-4ページ:100,000 〜 200,000円
5ページ以上:150,000 〜 500,000円

※相場以下の安すぎる報酬で発注する人もいるので注意!

WEBデザインが出来るのであれば、クラウドソーシングで案件を探してみて下さい。

動画編集

動画編集も副業として成り立ちます。

サイバーエージェントの調査によると、2017年から2024年にかけて動画広告市場は約3.6倍にもなり、動画編集の仕事は需要が高まる一方です。

また、YouTuberが増えていることもあり、彼らが動画編集を外注に依頼する機会も増えていくはず。

ちなみにランサーズによると、動画編集の相場は以下のようになっています。

新たに撮影が不要:5,000 〜 50,000円 / 本
新たに撮影が必要:200,000 〜 500,000円 / 本

もし動画編集できるのであれば、クラウドソーシングで編集の案件を探してみましょう。

写真・動画撮影

カメラに強いのであれば、写真や動画撮影も副業として成り立ちます。

ランサーズの相場では、撮影の報酬は以下の通りです。

5,000 〜 20,000円 / 1時間

※あくまで相場であり、案件によって変わります。

中には「マッチングアプリ用のプロフィール写真撮影」なんていう、比較的ライトな内容の仕事もあります(もちろん高いクオリティで仕上げる必要はあるのですが)。

普段からカメラを使って写真を撮っていたり、動画を撮影したりしているのであれば、クラウドソーシングなどで仕事を探してみて下さい。

また、ドローン撮影も需要があるので、もし使えるならドローン関係の仕事も探してみましょう。

イラスト制作

イラストが描けるのであれば、クラウドソーシングでイラスト制作の仕事を副業としてやってみても良いですね。

ランサーズだと、イラスト制作の相場は「30,000 〜 50,000円 / 1点 」となっています。

が、注意しなければいけないのは、明らかに安すぎる報酬の仕事もあるということですね。

労力に見合わないレベルの仕事は受注しないようにしましょう。副業で消耗してしまいます。

※ただ、実績を積むという意味で請けるのはアリです。その実績を元に、報酬がより高い仕事にチャレンジできますからね。

ハンドメイド販売

アクセサリーや小物などを作る趣味があるのなら、それらを販売する副業で稼げます。

収入額は利益(売上-経費)×販売本数なので、例えば1,500円(利益)の小物を20個売れば月3万円です。

レジンを使ってネックレスやピアスを作って、メルカリで販売されている方もいます。

翻訳

外国語に自信があるのなら、クラウドソーシングで募集されている翻訳案件がおすすめです。

ランサーズによると、翻訳の相場は以下のようになっています。

英→日:6.0 〜 8.0円 / ワード単価
日→英:5.0 〜 6.0円 / 文字単価

中→日:2.0 〜 6.0円 / 文字単価
日→中:2.0 〜 6.0円 / 文字単価

韓→日:4.0 〜 6.0円 / 文字単価
日→韓:4.0 〜 6.0円 / 文字単価

マニアックな言語ほど相場が高くなる傾向があります。

もし言語に自信があるのなら、クラウドソーシングサイトで翻訳業を探してみて下さい。

※ゲームに興味があるのなら、海外のゲームの和訳もニッチですが需要あります。僕も一部翻訳したことあります。ゲームブログ垢のツイッターに海外ゲー開発者からDM来て、翻訳のお手伝いをしました。自分の場合無報酬だったけど!ちゃんと金額は確認しましょう…。

月3万円を目指すにはおすすめしない副業

続いて、おすすめしない以下の副業についてもお伝えします。

  • 懸賞・アンケートモニター
  • 投資
  • 中古品転売
  • Uber Eats のデリバリー

懸賞・アンケートモニター

副業紹介には「懸賞・アンケートモニター」などがたいてい紹介されるものですが、おすすめはしません。

なぜなら、かけた時間の割にたいして稼げないし、発展性もないためです。

懸賞やアンケートモニターは基本的に誰でもできるため、報酬は低い傾向があります。それこそアンケートに答えて数十円しかもらえないとか。

それに懸賞やアンケートモニターをいくらやったところで、何のスキルも身につきません。独立できるわけではないし、起業できるわけでもない。

懸賞やアンケートモニターを必死こいてやるくらいなら、スキルを身に着けて、発展性のある副業にトライしたほうが良いです。

投資

副業で株式投資やFX、仮想通貨などをおすすめする人はいるわけですが、僕は絶対におすすめしません。

なぜなら、損するリスクがあるからです。

事実、経済産業省のサイトで公開されている「個人投資家に関する2010年の調査(株式会社日経リサーチ調べ)」では、個人投資家の71.4%が損しています。

人の心理は早々変わらないものなので、2019年現在でも負け率は大体同じだと考えられます。

僕自身、2009年8月から2011年3月くらいまで、ガチで株式投資(デイトレ)をやっていました。が、残念なことにセンスがなく、結果はトータル損失で終わっています。

本業の合間に、副業で投資をして稼ごうなんて考えが甘すぎる。だって、投資の世界には資産1億円以上持ったプロのプレイヤーがいるわけですから。初心者はまず勝てません。

もちろんセンスのある人もこの世の中にいるわけですが、残念ながらそのような人は調査を見る限り少数派です。

3万円欲しさに投資を始めて、借金背負ったら元も子もありません。発展性があり、夢がありますが、たいてい失敗します。

投資は余裕資金でやるべきです。もし余裕がないのなら、絶対に投資はやめましょう。マジで。

中古品転売(せどり)

中古品転売(せどり)も副業としておすすめされることがありますが、僕はおすすめしません。

なぜなら、在庫リスクがあったり、めちゃ労働しなければいけなかったりで大変だからです。

実は僕も2011年3月(ちょうど震災の日でした)頃にせどりをやっていました。その時はニートだったので、毎日ブックオフに足しげく通って、中古本やCDを仕入れていました。

一日の労働時間は6時間くらいだったのですが、ほぼ毎日せどりをやっても、僕がせどりで稼げたのはMAX11万円位です(利益だと7万くらい)。割に合わねえ。

基本的に、高い売上を上げるには高いものを仕入れなければいけないので、商品選定をミスって売れなければ当然赤字になることもあります。

まあ、僕がやっていたのはこの記事を書いている8年前なので、今ではツールが出たり、海外から仕入れるノウハウが出回っていたりするでしょう。

が、目利きも必要だし、売れなきゃ在庫抱えるしでマジで大変なので、個人的にはおすすめしないです。

Uber Eats のデリバリー

Uber Eats のデリバリーも、発展性がないためおすすめ出来ません。

いや、慣れれば回数をこなせて、始めた時よりも稼げるようになるかもしれませんが…何かスキルが身につくわけじゃありません。

「車やバイク移動が多いからついでにやる」くらいなら良いかもしれませんが…そうではない場合、僕が上記でおすすめした副業をやった方が将来もっと稼げます。

以上。

長期的に考えて、発展させられるものを副業として選んでいきましょう。

おわりに

副業で月3万円稼ぐのは、難しいです。

しかし、会社員として月3万円の収入を増やすよりかは、副業で月3万円を増やす方が簡単かもしれません。

それに発展性のある副業を選べば、月3万円どころか、それ以上稼げるようになったり、別の仕事を始められたりと、選択肢が広がります。

これも人生を変えるための一歩なのかもしれません。

ということで、自分に合った「発展性のある副業」は何かを考えつつ、コレだ!と思うものがあれば、ぜひ全力で取り組んでみて下さい。

それではお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました