フリーランスになる前にやっておいた方が良いことを現役が本音で解説

「フリーランスになる前にやっておいたほうが良いことって何だろう…?」

という疑問に答えます。

まだ会社員(アルバイト)として、どこかの企業に勤めている状態を想定しています。

僕は2018年3月に、会社員からフリーランス(個人事業主)になりました。その時の経験を踏まえて、やっておいたほうが良いこと、また逆に必要ないと感じたことをお伝えしていきます。

記事でお伝えしていることを読んでもらえれば、フリーランスになる前に何をすればよいのかが分かって、フリーランスになった後に失敗する確率が減らせるはず。

ということでさっそく見ていきましょう。

フリーランスになる前にやっておきたい9つのこと

フリーランスになる前にやっておきたいことは、以下の9つです。

  • 1年分の生活費を貯めておく
  • クレジットカードを作っておく
  • マーケティングの勉強をしておく
  • 実績をあげておく
  • 情報を集める癖をつけておく
  • フリーランスになることを周りに伝えておく
  • 仕事のあてがある状態にしておく
  • クラウドソーシング系サイトに登録しておく
  • 自分のメディアを作っておく

一つずつお伝えします。

1年分の生活費を貯めておく

フリーランスになる前にやっておきたいことの1つは、1年分の生活費を貯めておくことです。

というのも、精神的にも経済的にも余裕が出るからです。

フリーランスって、すぐに稼げるとは限りませんからね。下手したら1年間まともな収入がないことも考えられます。

なので僕は、たとえ1年間収入がなかったとしても耐えられるくらいの貯蓄を用意しておきました。仮に貯蓄が全然ない状態だったら、焦りと不安でヤバかったでしょうね。

個々の生活状況にもよるのですが、目安として200万円~300万円位あると良いかなと。

もし貯蓄に不安があるのなら、まずは1年分の生活費を貯めておくことをおすすめします。

もちろん1年分の生活費を貯めなくても平気な人もいます。逆に貯蓄がないことで、自分に火をつけることが出来る人もいるでしょう。が、万が一に備えておくことが重要だと僕は考えています。

クレジットカードを作っておく

フリーランスになる前にやっておきたいことの2つ目は、クレジットカードを作っておくことです。

というのも、フリーランスになるとクレジットカードの審査が通りにくくなることがあるんですよね。

なので、もしまだクレジットカードを持っていないのなら今のうちに作りましょう。

マーケティングの勉強をしておく

フリーランスになる前にやっておきたいことの3つ目が、マーケティングの勉強をしておくことです。

というのも、マーケティングの知識があれば仕事がしやすくなるからです。

具体的に言うと、仕事の提案の仕方が上手くなって受注しやすくなったり、自分の商品を売るのが上手くなったりします。

僕は元々ベンチャー企業で5年間、マーケティングとコピーライティングの実践を積んできました。その知識や経験があるので、仕事の提案や売り方も何ら迷うことなくできていますね。

もしあなたがマーケティングを学んだことがないのであれば、以下のURLや書籍を読んでみてください。

今後、フリーランスや個人事業主にとって欠かすことのできない「マーケティング」や「コピーライティング」に関する記事をもっと増やしていきますm(_ _)m

実績をあげておく

フリーランスになる前にやっておきたいことの4つ目が、実績をあげておくことです。

というのも、その実績をもとに仕事の提案をすることが出来るからです。

僕はこれまでコピーライター兼マーケッターとして、売上を上げたり、LP作ったり、SEO記事書いたり、メディア運営したり、事業立ち上げたりと、様々な経験を積んできました。

なのでその実績を武器にして、仕事の提案をしています。

そして実際、マーケティングのコンサルティングやSEO記事作成などの仕事を受注することが出来ています。

仕事を依頼する側も、実績がない人よりも実績がある人の方が安心して頼めますからね。

もしあなたがこれまでに実績を上げているなら、さらに実績を増やすようにしてみて下さい。

そしてまだ実績がないのであれば、出来ればフリーランスになる前に何らかの実績をあげていきましょう。

もちろん実績がなくても仕事は受けられますが、実績があったほうがより仕事は受けやすくなります。

情報を集める癖をつけておく

フリーランスになる前にやっておきたいことの5つ目が、情報を集める癖をつけておくことです。

企業で勤めていたら業界の最新情報や世間のニュースに触れることは多いと思います。

が、フリーランスになると自ら積極的に情報を取っていかないと情報は入ってきません。

世の中の流れに取り残されないためにも、最新情報をキャッチする癖は身に着けておきたいところです。

もし情報を集める癖をつけていないのであれば、以下のことをやってみて下さい。

  • 専門家や業界で有名な人のツイッターをフォローする
  • アプリ「Googleニュース」や「NewsPicks」をダウンロードする

フリーランスになることを周りに伝えておく

フリーランスになる前にやっておきたいことの6つ目が、周りにフリーランスになることを伝えておくことです。

というのも、仕事の依頼があるかもしれないからです。

もし過去一緒に仕事をした人がいるのなら、挨拶も兼ねてフリーランスになることを伝えておきましょう。

仕事のあてがある状態にしておく

これは出来たらですが、フリーランスになる前に“仕事のあてがある状態”にしておくと良いですね。

なぜなら、フリーランスになった直後から仕事がもらえるからです。

実際僕はまだ会社員でいる時から、知人の経営者やお世話になった人と仕事の話を進めていました。

仕事のあてがあるのとないのとでは、精神的な余裕が違ってきます。ざっくりですが、月に20万円位の収入が入るような仕事のあてがあると、精神的にも経済的にもかなり余裕が出ます。

なので、知人にフリーランスになることを伝えて、仕事がもらえないか話をしてみてください。

といっても、僕は結局仕事につながらなかった案件が何本もあるんですけどね笑。契約書を結ばない限り100%仕事がもらえるわけじゃないのでしょうがないのですが、まあそれでも何もしないよりマシです。

クラウドソーシング系サイトに登録しておく

フリーランスになる前に、

クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドワークスなどの系サイトに登録しておきましょう。

これは事前の準備をしておくためですね。

クラウドソーシング系サイトに登録しておけば、どのような仕事が募集されているかが分かります。

つまり、フリーランスとして仕事をするにあたってどんなスキルが要求されるのかが分かるので、それを事前に勉強しておけるんですよね。

また事前に登録してプロフィールを充実させておけば、フリーランスになった直後から仕事を探すことが出来ます。

ちなみに僕はクラウドソーシング「ランサーズ」に登録して仕事を受注しています。

損はないので、まだ登録していないのならクラウドソーシング系のサイトに登録しておきましょう。

フリーランスの仕事の探し方については、別の記事『フリーランスの仕事の探し方|現役が現実的な4つの方法を解説』を参考にしてみてください。

自分のメディアを作っておく

そしてこれも出来たらですが、フリーランスになる前に自分のメディア(ブログやサイト、各種SNSなど)を作っておくと良いですね。

あなたのこれまでの実績をまとめたり、制作物を載せたりすることで、名刺代わりになります。後でお伝えしますけど、名刺作るくらいならメディアを作った方が良いです。

そしてメディアであなたの得意なことに関して情報発信することで、そのメディア経由で仕事の依頼が来ることもあります。

少々手間はかかりますが、絶対作ったほうが良い。

作り方は別の記事『WordPress(ワードプレス)でのブログの始め方【初心者向けに解説】』でお伝えしているので、参考にしてみてださい。

以上、フリーランスになる前にやっておいたほうが良いことを9つお伝えしました。

さて次は、一般的にフリーランスになる前にやったほうが良いと言われていることでも、僕個人的には特に必要なかったかなと感じたことについてお伝えします。

フリーランスになる前にやっておかなくても良いもの

世間一般では「フリーランスになる前にこれやっておいたほうが良いよ!」と言われているものでも、僕個人的に必要なかったものは以下の3つです。

  • 名刺を作る
  • 仕事用のメールアドレスを用意する
  • 税金関係の勉強をがっつりする

これも一つずつお伝えします。

どれも僕個人的に感じていることで、場合によっては必要になることもあると思います。

名刺を作る

フリーランスになる前に名刺を作っておこう!みたいな記事を見たのですが、僕的には名刺を作る必要はないかなと感じています。

というのも、僕は名刺持っていないんですよね。でも仕事出来ています。

例えばセミナーとかに行って名刺交換することってあると思うんですけど、僕は名刺交換した後に良好な関係を築いた経験が一度もないんですよね。というか今はもうセミナーほとんど行きませんし。

それに何かつながりを持つ時って、フェイスブックの友達申請してメッセンジャーでやり取りするケースが多いので。

もちろん場合によります。が、あれこれ急いで名刺作らなくても良いかなと。

仕事用のメールアドレスを用意する

フリーランスになる前に仕事用のメールアドレスを用意しよう!みたいな記事も見たのですが、僕的にはこれも不要でした。

普段見ているGメールがあれば事足りますから。それに何個もメールアカウントを見るとか効率悪いので、僕は基本的に1つのアドレスしか使っていません。

というか上記でも書いたように、フェイスブックのメッセンジャーとかスカイプ、LINEとかチャットワークでやり取りしたりしますからね、今は。

仕事用のメールアドレスがなくても問題ないと感じています。それ用のメールアドレスがなくても信頼してもらえるので。

それに仕事用のメールアドレスがないから仕事が受注できない!なんてことはまずないですからね。

税金関係の勉強をがっつりする

フリーランスになる前に税金関係の知識をつけておこう!みたいな記事も見ましたが、これも僕的には不要かなと。

いや、知識があるに越したことはないです。が、がっつり勉強するまでもないかなと。

節税をキッチリやりたいなら本買って勉強したほうが良いと思いますけど、確定申告とかツール使えば楽に出来ますからね。

税金関係の勉強をするくらいなら、その分の時間を実績作りに当てたほうが良いかなと個人的には思います。

税金の勉強をするためにフリーランスになるわけじゃないですし。それに稼いだら外注すれば良いわけですからね。

以上、フリーランスになる前に特にやらなくても大丈夫だと僕が感じていることをお伝えしました。

フリーランスになる前にリスクは出来るだけつぶしておく

フリーランスになる前には、出来るだけリスクをつぶしておくと良いですね。

先ほどお伝えしたように、1年分の生活費をためておくとか、仕事のあてがある状態にしておくとか。

前向きに考える姿勢は必要ですが、現実的に考えられる最悪の状況をシミュレーションしておくことも重要です。

なので、お伝えしたことを参考に、フリーランスになる前の準備を進めてもらえればなと。

以上、お読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える