Googleアナリティクスのデータ保持の設定方法と無期限にしなくて良い理由

グーグルアナリティクス
スポンサーリンク

Googleアナリティクスのデータ保持期間って、指定したほうが良いのか、期限切れにしないほうが良いのか、いまいち分からない…と思うことありませんか。

他の記事では「データが消えないように期限切れにしない設定をしましょう」みたいなこと書かれていますし、もしかしたら混乱しているかもしれません。

ただ、僕個人的にはデフォルトの「26か月」で全く問題ないと考えています。理由は以下の2つです。

  • 個人情報保護法の観点から、無期限で個人情報を持つことはリスクだから
  • 保持期間を指定しても、PV数や新規訪問者数などは削除されないから

ということでこの記事では、Googleアナリティクスのデータ保持の設定方法と、データ保持期間を無期限にしないほうが良い理由についてお伝えします。

設定方法は1分かからないくらい簡単ですし、理由もシンプルなので、さっそく以下を読み進めてみてください。

※この記事では、個人サイト(ブログ)向けにお伝えしています。法人や組織でGoogleアナリティクスを使用している場合は、必ず責任者や法務担当と相談し、企業の方針も踏まえて設定してください。

Googleアナリティクスのデータ保持期間の設定方法

Googleアナリティクスのデータ保持期間を設定するには、Googleアナリティクスの管理画面の「管理」「トラッキング情報」「データ保持」の順にクリックします。

「ユーザーデータとイベントデータの保持」で期間を指定する

次に、ユーザーデータとイベントデータの保持の期間を指定します。僕はデフォルトの26か月を選択しています。

というのも、26か月以上も前のデータなんてぶっちゃけ使わないからです。今は時代の流れが速いですし、2年以上経てば人は心情も環境も変わりますからね。

僕は今まで企業でサイトを運営して売上を上げてきましたが、26か月以上も前のデータなんて一度も活用したことがないです。

ただ、14か月だと今年と前年の比較ができなくて短すぎるかなと感じます。なので僕は、26か月を選択しています。

新しいアクティビティをリセットは「オフ」にしておく

次の「新しいアクティビティをリセット」は、オフにしておきます。

「新しいアクティビティをリセット」をオンにした場合ですが、イベントが発生するたびに指定した保持期間がリセットされます。

Googleアナリティクスでは「イベント」を設定することで、ファイルのダウンロードやURLのクリックなどを計測することが出来ます。

たとえばデータの保持期間を26か月に設定した場合、一度イベントを発生させたユーザーが26か月以内に再度イベントを発生させたら、その時点から26か月間保持されます。

つまり、期間内にイベントを発生させれば、保存期間が延長されるわけですね。

で、一度イベントを発生させてから26か月以内に一度もイベントが再発生しなかった場合は、そのユーザーのイベント情報が自動的に削除されます。再度サイトに来なかった人のデータは消される、ということです。

Goolgeアナリティクスのデータ保持について、他の方の記事では「オン」で良いと主張されているものもあります。が、僕はオフで問題ないと考えています。というのも、「オン」にしてユーザーが期間内にイベントを発生し続けた場合、データは「半永久的に保持」することになるからです。

さきほどデータの保存期間を指定したのに、矛盾してしまいますよね。なので僕は、「オフ」で良いと考えています。

忘れずに「保存」をクリックする

さて設定を変更したら、忘れずに「保存」をクリックします。

保存をしたら、24時間後に設定が反映されます。設定を変えたい場合は、24時間以内に変更すればOKです。

個人情報は長く持てばリスクになる

日本の個人情報保護法には、個人情報の保持期間についての定めはないです。

ただ、「利用目的は明確にすること」とされています。永続保持しなければいけない利用目的があるなら話は別ですが、その利用目的があいまいな場合は「永続保持をしても良い」ということにはなりません。

また、GDPR(EU一般データ保護規則)にも「データは必要以上に長く保持されることがないようにしなければいけない」といった記載があります。

個人情報を長く持てば持つほど、個人情報漏洩のリスクは高まるし、また個人情報の本人との間にトラブルも起きる可能性があります。

なので、僕はたとえ個人がサイトやブログを運営する場合でも、個人情報は保持期間を設けたほうが良い、と考えています。

それに「昔のデータがないと成功できない!」なんてことはないですし、ビジネス的に見ても全く問題ないです。

ユーザーに安心感を与えるという意味でも、データの保持期間は決めていきましょう。

以上、参考にしてみて下さい。

※日本の個人情報保護法やGDPRは一通り目を通してはいますが、僕は法律の専門家ではないです。なので、内容が間違っている可能性があります。あくまで自己責任でお願いします、という免責を付け加えておきます。

グーグルアナリティクス
役に立ったらシェアお願いします!
マーケのじかんをフォローする
スポンサーリンク
ブログ運営者

年収数十億のベンチャー企業で約5年、コピーライター兼マーケッターとして経験を積み、独立しました。セールスレター・LP30本以上、メルマガ・ステップメール1400本以上、SEO記事300本以上書いてきました。情報商材やサプリメント系物販、セミナー集客や英会話教室立上げ、オウンドメディアの立ち上げや運営など、企画・開発・販促・顧客対応など経験してます。

マーケのじかんをフォローする
マーケのじかん