サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

抽象的思考とは共通点を抜き出すこと|身に着けるトレーニングも紹介

「抽象的思考ってなんなんだろう?」」

そんな疑問に答えます。

この記事では、抽象的思考とは何か、また抽象的思考を身に着けるためのトレーニング方法についてお伝えします。

僕はコピーライターを6年以上やっているのですが、分かりやすい文章を書くために抽象的思考のトレーニングを続けてきました。

抽象的思考を身に着けることで、本質を見抜けるようになったり、例えるのが上手くなったり、人に何かを伝えるのが上手くなったりといったメリットがあります。

実際、結果を出している人や話が上手な人は業界業種問わず、総じて抽象的思考が優れている人が多いですね。例えばホリエモンや西野亮廣さん、松本人志さんなどです。

抽象的思考自体は難しくないですし、お金をかけずに身に着けることが出来るので、ぜひこの方法を試してみて下さい。

抽象的思考とは

抽象的思考とは、複数の物事から共通点を抜き出すことを指します。

他の言い方をすると「より大きな概念で物事を考えること」「より大きな世界でくくること」「情報をそぎ落としてシンプルにすること」という感じです。

といっても分かりにくいかもしれないので、例を出していきますね。

抽象的思考の例

抽象的思考のイメージは、以下の画像のような感じです。

抽象的思考のイメージ①

複数の物事(A,B,C,D…)から共通点を抜き出すイメージです。

このイメージの例は以下の通り。

「太陽」「アイロン」「中華鍋」「お風呂」の共通点は「熱」
「自転車」「一輪車」「綱渡り」「倒立」の共通点は「バランスが大事」
「消防士」「医者」「スーパーマン」「ライフセーバー」の共通点は「人を助ける」

なんとなく分るでしょうか?

別のイメージでも見てみましょう。

抽象的思考のイメージ②

もう一つの抽象的思考のイメージは「大きな枠でくくる」というものです。

以下が例です。

「犬」「猫」「馬」「豚」は「動物」でくくることができる
「鉛筆」「定規」「ノート」「消しゴム」は「文房具」でくくることができる
「本を読む」「体を鍛える」「セミナーに参加する」「今までやったことがない体験をする」は「自己投資」でくくることができる

そのように「複数の物事から共通点を抜き出す」ことや「大きな枠でくくる」ことが、抽象的思考です。

抽象的思考のメリット

抽象的思考を身に着けることで、以下の3つのメリットがあると僕は感じています。

  • 本質を見抜くことが出来るようになる
  • 物事をシンプルに捉えられるようになる
  • 応用力が身につく

一つずつお伝えします。

本質を見抜くことが出来るようになる

抽象的思考を身に着けると、物事の本質を見抜くことが出来るようになります。

というのも本質というのは、複数の物事の共通点を探すことで見つけられるからです。

例えば営業マンって、たくさんのお客にセールスをしていきますよね。その中で、失敗も経験も積み重ねていくものです。そしてセールスが成功した際のお客の共通点を探すことで、セールスに欠かせない要素やセールスの本質が見えてきます。

そのように、抽象的思考で物事の本質を見つけられることがあるんですね。

物事をシンプルに捉えられるようになる

抽象的思考を身に着けると、物事をシンプルに捉えられるようになります。

たとえば僕は、コピーライティングの本質は「相手を思いやること」だと捉えています。

コピーライティングって世間一般では、「物を売る文章」とか「読んだ人を行動させる文章」とか言われたりすることがあって、心理学を取り入れたテクニックもたくさんあるんですよね。

でも結局は、「文章を読んだ人はどんな気持ちになるのか?」という、相手のことをどれだけ考えられるかが重要なんです。

相手のことを考えて、相手のためになることを書く。それがコピーライティングにおいて重要なので、僕は「思いやりが大事だ」と考えているわけですね。

そのように抽象的思考で考えると、物事をシンプルに捉えられるようになります。

応用力が身につく

抽象的思考を身に着けると、応用力が身につきます。

というのも先ほど言ったように、抽象的思考によって本質を見抜けるようになるからですね。

たとえばトップセールスマンは、プレゼンもうまいし、普段のトークも面白いし、男性であればナンパが上手かったりするものです。それは「どう言ったら相手を説得しやすいのか」という本質が分かっているからですね。

抽象的思考によって本質を見抜くことが出来れば、それを別のものに応用できるようになります。

以上、抽象的思考についてお伝えしました。

次はその逆の「具体的思考」についてもお伝えしていきます。

抽象的思考と具体的思考の違い

具体的思考とは、ある物事に細かい情報を付け足していくことです。

別の言い方をすれば「ぼんやりとしたものを明確にしていくこと」「一つの物事から複数の事例を見つけること」とも言えますね。

具体的思考のイメージ

例えば先ほどの抽象的思考とは逆で、「動物」という言葉を「犬」「猫」「馬」「豚」など具体的にしていくことが具体的思考です。

具体的思考のメリット

具体的思考を身に着けることによるメリットは、以下の3つです。

  • コミュニケーション時の認識のズレが起きにくくなる
  • 話が伝わりやすくなる
  • 行動しやすくなる

これも一つずつお伝えします。

コミュニケーション時の認識のズレが起きにくくなる

具体的思考を身に着けることで、コミュニケーション時の認識のズレが起きにくくなります。

なぜなら、言葉の定義やイメージが明確になるからです。

例えば「かわいい子」という言葉からイメージされる人物像って、ぼんやりしていますよね。それを「どんな人だろう?」と具体的に考えて、「20代女性」「ロングヘア」「色白」「佐々木希に似ている」といった情報を付け足していくと、誰にでも伝わるようなイメージになっていきます。

そのように具体的思考で考えて言語化していくことで、お互い共通の認識を持って話を進められるようになります。

話が伝わりやすくなる

具体的思考を身に着けることで、話が伝わりやすくなります。

上記の「認識のズレが起きにくくなる」とほぼ同じなのですが、具体的な話にすることで相手にとってより分かりやすくなるわけですね。

行動しやすくなる

具体的思考を身に着けることで、行動しやすくなります。これは自分自身もそうですし、話を伝える相手も行動がしやすくなります。

例えばセールスマンが部下に「うまくセールスしよう」と抽象的に伝えても、その部下は行動できないんですよね。具体的にどうすればいいか分からないので。

ただ「商品の使い方を実践してあげよう」とか「10万人がすでに購入していることを伝えよう」みたいに具体的にしてあげると、どう行動すればいいかが分かるわけです。

当たり前の話なのですが、この具体的思考(からの言語化)が出来ていない人はいるんですよね。

「伝える力」をより向上させるためにも、抽象的思考だけでなく具体的思考も身に着けていくのが理想です。

ということで次は、抽象的思考(と具体的思考)を身に着けるための簡単なトレーニングをお伝えします。

抽象的思考を身に着けるトレーニング

この記事でお伝えする抽象的思考を身に着けるトレーニングは、以下の2つです。

  • 2つの異なる物事から共通点を抜き出す
  • 1つの物事から複数の事例を見つける

一つずつお伝えします。

がその前に、僕がYoutubeでお伝えしている動画があるので、よかったら以下を再生して見てみて下さい。

ここから以下は文章で解説していきます。

トレーニング①.2つの異なる物事から共通点を抜き出す

抽象的思考を身に着けるトレーニングの1つ目は、2つの異なる物事から共通点を抜き出すというものです。

例えば「種まき」と「ダイエット」には、どんな共通点があるのかを考えてみます。

種まきは、一度種を埋めたら、水をやって、芽が出てくるまで信じて待つことが大切。「本当に育っているのかな?」と疑って、土を掘り起こしたらすべてが無駄になってしまう。
一方ダイエットは、適度に運動して、適度に食事制限して、継続することが大切。すぐに体重が落ちないからと言って、「やっぱりダイエットなんて無理」とドカ食いしたら、全てが無駄になってしまう。

このことから「どちらも結果が出るまで信じて待つことが大切」ということが共通点だと言えますね。

このようにして、2つの異なる物事から共通点を抜き出していくが抽象的思考のトレーニングになります。

以下、他にも2つの異なる物事の共通点の例を挙げておきます。

  • 人間と地球:全体に占める水分の割合が約7割
  • 輪ゴムと恒常性:元の状態に戻ろうとする

2つの物事は何でもいいですし、2つじゃなくても3つでも4つでもOKです。お題を決めて「共通点を探す」ということをやってみて下さい。

トレーニング②.1つの物事から複数の事例を見つける

抽象的思考を身に着けるトレーニングの2つ目は、1つの物事から複数の事例を見つけるというものです。

例えば「停滞したらダメなもの」というお題から、連想される事例をいくつか考えてみます。

止まったら死ぬ「血液」、車が止まったら渋滞を引き起こす「高速道路」、水が止まったら破裂してまう「水道管」などがパッと思い浮かびました。

連想ゲームみたいな感じで、思いつく事例をどんどん挙げていけばOKです。

他にもこのトレーニングの例を挙げておきますね。

お題:最初の一言目が肝心
事例:CM(広告)、ナンパ、訪問セールス、コピーライティングなど

この2つのトレーニングを日常的にやることで、抽象的思考(と具体的思考)が身についていきます。

どこでも出来るし簡単なので、ぜひ今日から試してみて下さい。

抽象的思考と具体的思考を身に着けよう

抽象的思考と具体的思考が身につくことで、物事を俯瞰して見れるようになったり、人に説明するのが上手くなったりと、とにかくメリットだらけです。

僕の前職の社長や、お世話になったドバイにいる経営者、また一緒に仕事をしている経営者さんも、抽象的思考が優れている人が多いです。

抽象的思考を身に付ければ100%成功できるわけではありませんが、出来ないよりも出来たほうが良い。特に、人に何かを説明したり、文章を書いたりすることがあれば、抽象的思考は身に着けておきたいですね。

なので、抽象的思考を身に着けたいと思うのであれば、ここでお伝えしたトレーニングを実践してみて下さい。

本や書籍など買わなくても、このトレーニングだけでも抽象的思考を身に着けることは出来ますからね。

以上、お読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える