サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

近江商人の商売十訓を分かりやすく解説|ビジネスの本質を身に付けよう

近江商人は、江戸時代に活躍した商人たちのことです。活躍したとは、真っ当に商売をして、たくさんの顧客を抱えて、とにかく儲けたという意味ですね。

そんな近江商人の商売十訓は、今でも通用するビジネスの本質が詰まっています。

ということでこの記事では、近江商人の商売十訓を一つ一つ分かりやすく解説していきながらお伝えしていきます。

近江商人の商売十訓は経営者だけじゃなくて、会社員だろうが、フリーランスだろうが、ブロガーだろうが、誰かに何かを売る仕事をしているのなら絶対に必要だと感じています。

この商売十訓を知るだけでも、商売に対する意識が変わって、売上アップにつながるかもしれません。

ということでさっそく見ていきましょう。

広告

商売十訓①商売は世のため、人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

解説)商売は自分の利益を優先するのではなくて、世のため人のために奉仕して行うもの。その結果得られた利益はなんら恥じるものはなく、受け取って当然の報酬である。

商売十訓のうちの一つ目は、商売をする者にとっての心構えを伝えているものです。

人のために奉仕して、そして世の中に貢献しているのであれば、報酬を得て当然だという気持ちを持とう!というメッセージですね。

過去の僕もそうだったのですが、お金(報酬)を頂くことに対してなんとなくマイナスなイメージってあったんですよね。申し訳ないな、みたいな。

なので安売りしてしまうことがあったんですけど、それだとしんどいし、クオリティも落ちてしまうし、良くないことだらけでした。

ただ「ちゃんと貢献している」と自信をもって商売をすれば、なんら申し訳ない気持ちになることはなく、むしろ堂々と報酬を受け取れるようになります。

決して傲慢になれというわけではなくて、自分の商売に対して自信を持とうよ、という意味が込められていると僕は考えています。

もしあなたが報酬を頂くことに引け目を感じているのであれば、そんな必要はないということですね。もしくは逆に、引け目を感じているのは人に対して奉仕していなかったり、世の中に貢献できていないという気持ちがあるからかもしれません。

一度自分の商売を振り返って考えてみて下さい。

商売十訓②店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

解説)お店の大小よりも場所の良し悪しが商売において重要。ただし場所の良し悪しよりも、商品の質の方が重要。

商売繁盛には、商品の質が何よりも重要だということですね。

近江商人は、人から信用を得ることをものすごく重要視していました。たとえお店が大きくても、場所が良くても、商品の質が低かったら、お客は離れてしまうということを理解していたんだと僕は考えています。

また「品」というのは人としての品、要は「人間性」も重要だと僕は考えています。

とくに僕はコピーライターなのでよくわかるのですが、ぶっちゃけ文章には書く人の性格や人間性が出ます。人を見下す癖がある人は、文章にも人を見下す感じが出てしまうということですね。それでは人は離れてしまう。

商品を売る「自分の品」が低ければ、例え商品が良かったとしても「もうあの人とは関わりたくないな…」と思われてしまうかもしれません。

なので、嘘をつかないとか、約束を守るとか、人としての大切なことを守れる人間を目指していきたいものです。

あなたは自分の品の質を高める努力が出来ているでしょうか?

商売十訓③売る前のお世辞より売った後の奉仕。これこそ永遠の客をつくる

解説)お世辞を言って無理やり買わせてハイさよなら、ではなくて、売った後にお客に対してちゃんとフォローすること。その結果、評判が評判を呼んでお客がどんどん集まってくる。

先ほどもお伝えしたように、近江商人はお客の信用を得ることを重要視しています。

なぜなら、信用を得ることが商売繁盛につながるからですね。

なので例えば、ノルマを達成するために、相手が必要としていないのに「今がお得ですよ」「これ買ったら周りからすごいと思われますよ」みたいにお世辞を言って売って、そのあとは何にもフォローしないというのはダメだってことです。

信用を無くしますからね。信用を無くしたら最後、そのお客は二度と戻ってきてくれない可能性が大です。

それだけでなく、悪評を友人知人、もしくはネットで公開されて、あなたの商売そのものが立ち行かなくなってしまうことだって考えられます。

なので売り逃げはダメ。売った後はちゃんとフォローする。そして感動したお客が、他のお客に口コミして、新しいお客を連れてきてくれるわけです。

もしあなたが目先の利益欲しさにお世辞を言って何かを売って、そのあと何もフォローしていないのであれば…今は良くてもそのうちダメになるかもしれません。

商売十訓④資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし

解説)売上が少ないのは、そもそも信用が足りていない証拠。

上記の解説は僕なりの考えがだいぶ入っていますが、売上が少ないのは商品のクオリティうんぬんの前に、そもそも自分が人から信用されていないことが原因かもしれないということです。

当たり前ですが、信用できない人から物を買いたいとは思いませんからね。

ちなみに近江商人は人から信用を得るため、雨が降ったときは無料で傘を貸したり、畑を耕したり、村の建造物の修理を手伝ったりと、とにかく人のために行動したそうです。

そしてその様子を見た人たちが、お店に来て商品を買ってくれていたわけですね。

西野亮廣さんやホリエモンも「お金持ちじゃなくて、信用持ちになろう」みたいなことを言っていますが、何も真新しいことではなくて、近江商人が活躍していた江戸時代の頃から大事とされている事なんですよね。

あなたは人から信用される努力が出来ているでしょうか?(僕も自信があるわけではないので、常に意識するようにしています)

商売十訓⑤無理に売るな、客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ

解説)低品質な商品を、言葉巧みに売るな。またお客が好きそうなものも売るな。お客のためになる物を売れ。

無理に売ったところで、お客は離れるし信用を失うだけです。

またお客が好む物を売ってもその相手のためになるとは限りません。結果「商品買ったけど悩みが解消されなかった…」と、これまた信用を失ってしまうかもしれません。

なので、お客のためになる物を売ろうということですね。相手の人生が変わるような、生活の質がより良くなるような、パラダイムシフトが起こるような商品を売れということです。

相手のためになる商品を売っているでしょうか?報酬目当てで、相手のためにならない商品を売ったり紹介したりしていないでしょうか?

商売十訓⑥良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

解説)お客のためになる良い商品を売るのは善行である。良い商品を宣伝して多く売ることは、世の中に対しての貢献や人類の発展につながるため、さらに良き善行である。

近江商人は、お客のためになる良い商品を売ることは良いことだと言っています。そして良い商品を宣伝して、売って売って売りまくることはさらに良いことだとも言っています。

このことから、近江商人は目先の利益ではなくて、人類にとっての発展を視野に入れていたんだなと僕は感じています。

実際、近江商人の商売哲学に「三方よし」というものがあります。三方よしとは「買い手」「世間」「売り手」の三方にとって良い商売をしよう、という考え方ですね。

商品を買った人だけが良くなるのではなく、世の中にとっても良くなるような商品を売る、そんな商売をすること。それが商売人としての役目だとしていたわけです。

「良い商品を売ることは人類の発展につながる」という商売十訓を考えた人は、抽象思考が優れていたんじゃないかなと思いますね。

自分の商品が「良いもの」だと信じているのであれば、どんどん売って広めていきましょう。

商売十訓⑦紙一枚でも景品はお客を喜ばせる。つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ

解説)紙一枚でも景品(特典)はお客を喜ばせるもの。つけてあげるものがない時は笑顔を景品にせよ。

この教訓からは、以下の3つが学べると僕は考えています。

  • 商品(のオファー)を良くするための努力を忘れてはいけない
  • お客を喜ばせることを忘れてはいけない
  • 相手のためを想うことを忘れてはいけない

それがひいてはお客から信用を得ることにつながり、リピーター獲得にもつながっていくわけですね。

あなたは相手のためを想って商売出来ているでしょうか。

ちなみに「オファー」については、別の記事『マーケティングにおける「オファー」を理解して、売れる商品を作る方法』を参考にしてみて下さい。

商売十訓⑧正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

解説)定価を守れ、安易に値下げすることは良くない。

商売十訓の8個目からは、商売でうまくいくための重要なことが学べます。

それは「安売りはダメだ」ということです。マーケティングの世界でも「安売り(投げ売り)」は最悪の戦略と言われることがあるのですが、ホント安売りは良いことありません。

自分の利益が少なくなって、商品のクオリティを保つことが出来なくなって、でも稼ぐためにたくさん売らなければいけなくて、疲弊して、精神的にストレスがたまって…という悪循環を生み出すのが「安売り」です。

安易な安売りはNGです。安売りせずに、付加価値をつけて高く売る努力を忘れたらだめです。

あなたは安易な安売りをしてしまっていないでしょうか。

商売十訓⑨今日の損益を常に考えよ。今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ

解説)今日いくら使って、いくら収入として入ってきたかを常に考えること。今日の損益を明確にしないと寝られない、そんな習慣を身に着けること。

今日はいくらお金を使ったのか、収入はいくらだったのか、そのような今日の損益をしっかりつけることが商売人として大事なことだとしています。

ポイントは「損益」というころですね。売上ではなくて、利益です。「なんとなくこんな感じだろう」というどんぶり勘定ではダメだってことですね。

正確な数字を知らなければ、改善することも出来ません。なので、(大変なのですが)正しい損益をつける習慣は身に着けたいところです。

あなたは今日の損益を正確に数字で出せるでしょうか。

商売十訓⑩商売には好況、不況はない。いずれにしても儲けねばならぬ

解説)商売に好況も不況も関係ない。どんな状況であれ、世の中のニーズはなくならない。商売人はいついかなる時もお客のニーズを見極めて、良い商品を売り、儲けなくてはいけない。(それが世のため人のため、ひいては人類の発展につながるから。)

どんな状況であろうと、人のニーズはなくならないものです。

好況の時は「もっと良くしたい」というニーズがあるだろうし、不況の時は「この状況を何とかしたい」というニーズがあるからですね。

なので「不況だから売れない」というのは、世の中のニーズをくみ取れていない、もしくは自分の信用がないからかもしれません。

どんな状況になったとしても、お客と対話して、ニーズをくみ取って、相手のためになる商品を売っていくのが商売人というものだ、というメッセージですね。

もし「中々商品が売れない…」という状況になったときは、お客と向き合って、対話して、ニーズをつかんでいきましょう。

以上、近江商人の商売十訓をお伝えしました。

近江商人の商売十訓は常に意識しよう

近江商人の商売十訓は、いまでも通用するビジネスの本質だと僕は感じています。

とはいえ、ハードルが高いと感じるものもあるかもしれません。

が、大事なの完ぺきにこなすことではありません。大事なのは、少しでも世のため人のためになろうと意識することですね。

ぜひ何度も見返して、あなたの商売繁盛のヒントにしてもらえればなと。

それではお読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える

近江商人の商売十訓を分かりやすく解説|ビジネスの本質を身に付けよう
最新情報をチェックしよう!
広告