fetch as google を新しいサーチコンソールで使う5つの手順

  • 2019年3月8日
  • SEO
SEO fetch as google を新しいサーチコンソールで使う5つの手順

旧サーチコンソールで使えていた fetch as google と同じような機能を、新しいサーチコンソールで使う手順は以下の通りです。

  1. サーチコンソールにアクセスする
  2. 左メニュー「URL検査」をクリック
  3. インデックス登録したいURLを入力
  4. 「インデックス登録をリクエスト」をクリック
  5. 完了したら「OK」をクリック

以下、画像を交えながらお伝えするので、この手順通りにやってみて下さい。

1.サーチコンソールにアクセスする

まず、サーチコンソールにアクセスします。

2.左メニュー「URL検査」をクリック

次に、左にあるメニューの「URL検査」をクリックします。

サーチコンソールの左メニュー「検査ツール」をクリックする

3.インデックス登録したいURLを入力

そしたらページ上部にある検索枠に、インデックス登録したいURLを入力します。

インデックス登録したいURLを入力する

4.「インデックス登録をリクエスト」をクリック

「URLがGoogleに登録されていません」と表示されるので、右下の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

「インデックス登録をリクエスト」をクリック

処理完了までしばらく待ちましょう。

処理完了までしばらく待つ

旧サーチコンソールのfetch as googleだと即処理されたものですが、新サーチコンソールだと1~2分かかります。

5.完了したら「OK」をクリックする

「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されたら完了です。

右下の「OK」をクリックして終了しましょう。

新しいサーチコンソールでfetch as googleを使う

以上、旧サーチコンソールで使えていた fetch as googleを、新しいサーチコンソールで使う手順について伝えしました。

インデックス登録をリクエストすることで、新しく公開したり修正したりしたページが、検索エンジンに素早く反映されます。

僕が検証した限りですが、インデックス登録をリクエストしてから数分以内に検索エンジンに反映されることもありました。

検索順位やアクセスに大きく影響するので、ページを新しく公開したり、リライトしたりした場合は、インデックス登録をリクエストしていきましょう。

以上、お読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える