サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

Ubersuggestの使い方|超優良ツールを無料で使いこなそう

  • 2018年11月5日
  • SEO
SEO Ubersuggestの使い方|超優良ツールを無料で使いこなそう

Ubersuggest は無料にもかかわらず、キーワードの詳細な検索ボリュームを調べられたり、関連キーワード(サジェストキーワード)を抽出できたりする、めちゃめちゃ便利なツールです。

キーワードプランナーは無料版だと月間検索ボリュームはアバウトにしか調べられないので、僕はUbersuggestをよく使っています。

僕だけじゃなく、SEOに強い人もおすすめしているくらい、界隈では人気があります。

使い方も簡単なので、ぜひ Ubersuggest を活用してみて下さい。ということでこの記事では、Ubersuggestの使い方についてお伝えします。

最低限ここをおさえておけばOKというポイントに絞ってお伝えします。

広告

Ubersuggest の使い方

まずは基本的な使い方からお伝えします。

Ubersuggest にアクセスして、この記事を見ながら一緒に検索していきましょう。

Ubersuggest

キーワードを調べる

Ubersuggestにアクセスしたら、調べたいキーワードを入力して、日本語を選択し、「SEARCH」をクリックします。

Ubersuggestの使い方

調べられるのは以下の通りです。

月間検索ボリューム

ubersuggestで月間検索ボリュームを調べる③

入力したキーワードの月間検索ボリューム(目安)が表示されます。

月間検索ボリュームとは、月にどれくらい検索されているかの目安ですね。

数字が大きければ大きいほど検索している人が多く、需要があると考えられます。

競合の強さ

ubersuggestで競合を調べる

SEOや広告において、競合がどれくらい強いかが数字で表示されます。

数字が小さければ小さいほど競合がさほど強くない傾向があり、チャンスがあるという目安ですね。

が、あくまで目安として捉えて下さい。

広告単価(CPC)

ubersuggestで広告単価(CPC)を調べる

そして調べたキーワードの広告単価(CPC)も表示されます。

広告単価がついているということは、どこかの企業がそのキーワードで広告を出しているということです。要は、そのキーワードで広告を出すことで売上が上がっている可能性があり、需要のあるキーワードだと考えられます。

たとえ月間検索ボリュームが小さくても広告単価がついている場合は、売上に繋がるキーワードの可能性があります。

が、これもあくまで目安として捉えて下さい。

トレンド

ubersuggestでトレンドを調べる

そしてページの下には、トレンドも表示されます。

そのキーワードが毎月同じくらい検索されるのか、それとも一時的な流行りで検索されているのかが分かりますね。

万が一、一時的に検索ボリュームが上昇している場合は、今後は月間検索ボリュームが落ちていく可能性があります。要はそのキーワードで記事を書いても、アクセスは今後伸び悩むかもしれないということですね。

そのように「今攻めるべきか?」の判断に役立ちます。

関連キーワードを調べる

さて次に、調べたキーワードに“関連しているキーワード(サジェストキーワード)”を見ていきましょう。

左のメニューの「Keyword ideas」をクリックします。

ubersuggestで関連キーワードを調べる

 

次に、「SUGGESTIONS」の右にある「RELATED」をクリックしましょう。

 

ubersuggestで関連キーワードを調べる②

 

そうすることで、関連キーワードが表示されます。

 

ubersuggestで関連キーワードを調べる③

 

ただこれだと見にくいかもしれないので、次にお伝えする「フィルター機能」や「並べ替え」を使って、見やすくしていきます。

フィルター機能を使う

先ほど表示された関連キーワードは、元のキーワードが含まれないキーワードも表示されます。

例えば「ブログ名 決め方」の関連キーワードには「ドメイン」というものが表示されます。

ただ、元のキーワードが含まれるものだけを見たいことってあるんじゃないかなと。

その場合は、フィルター機能を使っていきます。

まずは「RELATED」になっていることを確認したら、右にある「Filters」にチェックを入れましょう。

 

ubersuggestでフィルター機能を使う

 

そしたら絞り込み欄が表示されます。

「Include Keywords(含めるキーワード)」にキーワードを入力して、下の「Aplly」をクリックしましょう。

 

ubersuggestでフィルター機能を使う②

 

そしたら「Include Keywords」で入力したキーワードが含まれるものだけが表示されるようになります。

文字だけだと伝わりにくいと思うので、試しにやってみてください。

並び替えをする

次に、並べ替えをしていきましょう。

並び変えるのは簡単で、各項目の右にある上下の矢印をクリックするだけです。

 

ubersuggestでフィルターを使う

 

上向きの矢印をクリックすると昇順で並び替えられます。数字なら「0,1,2,3…」、アルファベットなら「a,b,c,,,」、日本語なら「あ→ん」という順ですね。

で、下向きの矢印をクリックすると降順で並び替えられます。言うまでもないかもしれませんが、昇順の逆ですね。

検索結果をコピーする

そして次は、検索結果のキーワードをコピーする方法についてです。

まずは項目の左側のチェックボックスにチェックを入れて、全てにチェックを入れた状態にします。

 

ubersuggestの検索結果をコピーする

 

そしたら右下にある「Copy to Clipboard」をクリックすればOKです。

これで、検索結果のキーワード部分のみ、テキストでコピーすることが出来ました。

ぶっちゃけあまり使わないですが、コピーしたキーワードをキーワードプランナーで調べ直す際には便利ですね。

検索結果をCSVでダウンロードする

そして次はコピーではなくて、CSVファイルでダウンロードする方法です。

同じく一括でチェックを入れて、左下に表示されている「Exprot to CSV」をクリックします。

 

ubersuggestの検索結果をダウンロードする

 

これでCSVでダウンロードすることが出来ました。

自分だけのキーワードリストを作る時なんかに役立ちますね。

場合によってはCSVファイルが文字化けを起こしていることもあります。その場合は「Unicode(UTF-8)」で開き直してみて下さい。

検索上位の状況を知る

また Ubersuggest では、調べたキーワードの検索上位のページも確認することが出来ます。

左メニューの「SERP Analysis」をクリックしてみて下さい。

 

ubersuggestで他のサイトの状況を知る

 

そしたら、現在検索結果で1位~99位のサイトの状況を確認することが出来ます。

 

ubersuggestで他のサイトの状況を知る②

 

項目の概要については以下の通り。

RANK現在の検索順位
SEO TITLE
URL
ページタイトルとページURL
ROOT DOMAINドメイン
EST. VISITSPV数(目安)
SOCIAL SHARESSNSのシェア数
DOMAIN SCOREドメインの強さ(目安)

検索上位のサイトの SOCIAL SHARES が多かったり、DOMAIN SCORE が高かったりする場合は、そのページを追い越すのはちょっと大変かもしれません。

その場合、短期間で検索上位に上げることは難しい可能性があるので、焦らず地道に記事を作っていきましょう。

以上、Ubersuggest の使い方についてお伝えしました。

Ubersuggest は頻繁にアップデートが繰り返されていて、レイアウトが変わることもあります。が、基本的な使い方は変わらないので、仮にこの記事でお伝えした画像と実際の画面が違っていても、上記を参考にして使ってみて下さい。

Ubersuggest が重いときは、他のツールを使ってみる

ただこの Ubersuggest は人気なのか、たまにページが重いときがあるんですよね。

その場合は、他のキーワードについて調べられる無料ツールを使ってみて下さい。個人的に使いやすいツールは、以下の記事でまとめています。

月間検索ボリュームを調べるならこの4つの無料ツールだけでOK

以上、お読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える

Ubersuggestの使い方|超優良ツールを無料で使いこなそう
最新情報をチェックしよう!
広告