ブログのドメイン名の決め方は3つ|ブログ名・名前・関連KWを入れる

ドメイン
スポンサーリンク

ブログのドメイン名の決め方は、以下の3つです。

  • ブログ名にする
  • 自分の名前にする
  • テーマの関連キーワードを入れる

ドメイン名の決め方に正解はありません。が、「こうしたほうが良い」とか「これはやめたほうが良い」というポイントはあります。

この記事ではブログのドメイン名の決め方のほか、ブログのドメイン名を決める際の2つの注意点も併せてお伝えしますので、参考にしてみてください。

※ちなみに「こうすれば検索結果で有利」とか、「こうすれば信頼度が3倍上がる」とか言っている人いますが、根拠がないので信用しなくて良いです。

まずはドメインについてお伝えしますが、決め方を知りたい場合は目次から『ドメイン名の決め方【おすすめの3つの方法】』に進んでください。

そもそもドメインとは

ドメインとは、インターネットにおける住所のようなものです。

たとえばYahooのURLは「https://www.yahoo.co.jp/」です。www.以降の「yahoo.co.jp」がドメインで、Yahooのネット上の住所ですね。

トップレベルドメインとは

これは覚える必要ないのですが、「〇〇.com」とか「〇〇.net」とかの「ドット(.)を含めた文字列」のことを、トップレベルドメインと言います。

トップレベルドメインにはいくつか種類があって、以下のように特徴もそれぞれ違っています。

.com商用(commercial)
.netネットワークサービス(network)
.org非営利団体(organization)
.bizビジネス(business)
.info情報(information)

ただ、必ずしも特徴に合わせた使い方をしなければいけないわけではないです。

商用じゃなくても「.com」は使えるし、ビジネス用じゃなくても「.biz」は使えます。ただ「そのような特徴がある」ってだけですね。

で、ちなみにこれも覚える必要はないのですが、個人が使えない「属性型JPドメイン」というのもあります。

.co.jp日本国内の会社(commercial/japan)
.ac.jp学校関係(academic/japan)

みたいな、「.〇〇.jp」というやつですね。企業や関係組織じゃないと使えないので、個人のサイトやブログには使えません。

以上、簡単にですがお伝えしました。

これ以上詳しく知る必要は全くないので、ドメイン名を決めていきましょう。

ブログのドメイン名の決め方|おすすめの3つの方法

おすすめのドメイン名の決め方は以下の3つです。

  1. ブログ名と同じにする
  2. 自分の名前(HN)にする
  3. テーマの関連キーワードを入れる

どのやり方でもOKです。自分にしっくりくるものを試してみて下さい。

ブログ名と同じにする

ブログ名とドメイン名を同じにする決め方です。先にブログ名を決めてしまうということですね。

以下、ブログ名とドメイン名が同じ例を紹介します。

メリットは、ブログ名もドメイン名も覚えやすいということです。デメリットは、もしタイトルを変更した場合、ドメイン名と違ってしまって違和感が出るということですね。ただ、たいしたデメリットではありません。

もしブログ名がまだ決まっていないなら、以下の僕の記事を参考にしてブログ名を決めてみてください。

ブログ名の決め方|成功例を真似する3つのパターン+α

自分の名前(HN)にする

自分の名前やハンドルネームを、ドメイン名にする決め方です。

佐藤一郎なら「satoichiro.com」とか、前川麗子なら「maekawareiko.com」とか、ハンドルネームがみっちゃんなら「micchan.com」とか。簡単ですね。

別に名前を全てドメイン名にする必要はなくて、たとえば「sato01.com」とか数字を入れても良いですし、「maekawa0ko」とか数字を織り交ぜたってOKです。

自分の名前をアピールしていくのであれば、名前をドメイン名にするやり方がオススメです。

これも例を挙げておきます。

メリットは、名前を覚えてもらいやすいことと、たとえブログ名が変わってもドメインに違和感はないことです。デメリットはとくにありません。

テーマの関連キーワードを入れる

ブログのテーマ(内容)に関連したキーワードを入れる、というのも良いドメイン名の決め方です。

たとえばダイエット系のブログなら「diet」というキーワードを入れるとか、仮想通貨のブログなら「coin」というキーワードを入れるとかですね。

もしブログ名や自分の名前をドメイン名にしない場合は、ブログのテーマから連想されるキーワードをドメイン名にしてみて下さい。

さてこれでドメイン名は決まり…と言いたいところなんですが、以下の2つの注意があります。

ドメイン名の決める際の2つの注意点

1.ドメイン名は長すぎないようにする

何文字以内が良い、という正確な基準はないですが、ドメイン名は長すぎないほうが良いです。単純に長いと入力しづらいですからね。

まあドメインを直接入力することってあまりないとは思うのですが、いざ入力する時は短い方がラクです。また、短い方が「どんな記事なのか」が分かりやすくなります。

例えば、以下のURLを見てみて下さい。「ピザの作り方(how to cook pizza)」をまとめた記事で、ドメイン名が異なる2つのURLがあったとします。

  • A:https://abcdefghijklmnopqrstuvwsyz.com/how-to-cook-pizza
  • B:https://abc.com/how-to-cook-pizza

このドメインをそれぞれ見たときに「ああ、この記事はピザの作り方の記事なんだな」と分かるのが速いのはBですよね。ドメインが短いので「how-to-cook-pizza」という文字が目に入るまでが速い。

Googleは「読み手に速く情報を伝える」ということを重視しているので、それを考えるとドメインは短い方が賢明です。

2.アンダースコア( _ )ではなくハイフン( – )を使う

ドメイン名に区切りを入れたい場合は、アンダースコア( _ )ではなくてハイフン( – )を使ってください。

というのも、区切りにはハイフン( – )を使うことをGoogleが推奨しているからです。

  • 良い例:diet-blog.com ← ハイフン
  • 悪い例:diet_blog.com ← アンダースコア

なので、アンダースコアではなくハイフン使うようにしてください。

トップレベルドメインは「.com」がおすすめ

トップレベルドメインは、特別な理由がない限り「.com」を選ぶことをおすすめします。

というのも、「.com」「.net」「.info」「.org」「.biz」といったトップレベルドメインの中で、「.con」は世界でダントツに多く利用されていて、信頼感があるからです。

どれくらい利用されているかというと、2019年1月時点で「82.25%」です。

人は自分がよく目にするものは見慣れているので、警戒心が薄まりますよね。一方、あまり見慣れていないものは警戒してしまい、なかなか素直に信頼することが出来ないものです。

なので、特別な事情がない限り「.com」をおすすめします。

「.com」の価格は年間で1150~1200円くらいですが、1ヶ月ジュース1本分程度です。安すぎる投資です。もはや迷う必要もないレベルですね。

さて、ドメイン名が決まったとしてもまだ気は抜けません。他のブログと被っているドメイン名は取得できないので、あなたが決めたドメインが取れるかどうか確認してみましょう。

おすすめのドメイン取得サービス

ドメインはどこのサービスで取得しても違いはないので、安さで決めてしまって良いと僕は考えています。

個人的に安心できて、かつ利用した経験があるのは「バリュードメイン」と「お名前.com」です。キャンペーンで安くなっていることがあるので、どちらか見比べて決めてみて下さい。

バリュードメイン

ちなみに僕のこのブログのドメインは、バリュードメインで取得しています。

バリュードメインの公式サイトはコチラ

空ドメイン検索であなたが決めたドメイン名を入力して、検索してみましょう。

お名前ドットコム

お名前ドットコムは、過去利用していました。キャンペーンによりますが、バリュードメインよりも安く「.com」が取得できる場合があります。

お名前.comの公式サイトはコチラ

ドメインは早い者勝ちなので、さっそく検索してみて下さい。

ドメイン名がすでに取得されていた場合

もしドメイン名がすでに取得されていた場合は、以下の方法を試してみて下さい。

  • 数字を足してみる
  • トップレベルドメインを変更してみる

たとえば「〇〇〇_01.com」みたいに数字を足すとか。もしくは、さきほど「.com」をおすすめしましたが、どうしてもそのドメイン名で取得したい場合は「.net」とか他のものに変えてみるとか。

工夫して、ドメイン名を取得していきましょう。

※ちなみにドメインの中には初年度の価格が安く、翌年以降価格が跳ね上がる物があります。なので初年度だけじゃなくて、翌年以降の価格も調べたうえで決めてみて下さい。

ドメイン名はあとから変更しないように!

一度決めたドメイン名は、極力変更しないことをおすすめします。理由は単純に、変更作業がものすごく面倒くさいからです。

ある程度ブログを運営してから変更する場合は、変更前と後のURLを紐づけたり、検索順位が落ちないように転送処理をしたり…と手間がかかります。

ちなみにそれらの処理を行わないと、旧ドメインの記事の検索順位は、新しいドメインの記事の検索順位に引き継がれません。せっかく積み上げてきたものが台無しになってしまいます。

ドメイン名の決め方に正解はないので気軽に決めても良いのですが、後悔だけはしないように決めてみて下さい。

以上、お読みいただきありがとうございました。

ドメイン
役に立ったらシェアお願いします!
マーケのじかんをフォローする
スポンサーリンク
ブログ運営者

年収数十億のベンチャー企業で約5年、コピーライター兼マーケッターとして経験を積み、独立しました。セールスレター・LP30本以上、メルマガ・ステップメール1400本以上、SEO記事300本以上書いてきました。情報商材やサプリメント系物販、セミナー集客や英会話教室立上げ、オウンドメディアの立ち上げや運営など、企画・開発・販促・顧客対応など経験してます。

マーケのじかんをフォローする
マーケのじかん