サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

BackWPupでWordPressのバックアップを取る方法を専門用語使わず解説

WordPressでバックアップを取るには、「BackWPup」というプラグインがおすすめです。

サーバー会社側で毎日バックアップ取ってくれるところもあるのですが(Mixhostは無料、エックスサーバーは復元は有料etc…)、100%保証してくれるわけではないです。

実際、バックアップできなかった例もあるので、サーバー会社のバックアップに頼るのは非常に危険。

ということでこの記事では、プラグインを使ったバックアップの取り方についてお伝えします。
いつエラーが起きてWordPressのデータが消えるか分かりません。なので、まだバックアップを取っていないのなら、この記事を読んでバックアップを取ってみて下さい。
専門用語は一切使わずに、出来る限り分かりやすくお伝えしていきます。
ちなみに僕はUpdraftplusというプラグインを使っていたのですが、この後お伝えする「データベースのバックアップ」が出来なかったんですよね。なので、今は「BackWPup」を使っています。

広告

BackWPup をインストールする

インストール方法が分かる場合は、ガンガン進めちゃってください。

プラグイン > 新規追加 > 「BackWPup」で検索 > 今すぐインストール > 有効化

まず、ダッシュボードのメニュー「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

WordPress プラグインの新規追加

「BackWPup」で検索します。

出てきたら「今すぐインストール」をクリックします。

BackWPupをインストールする

そしたら有効化すればOKです。

BackWPupを有効化する

これでインストール完了です。

BackWPupでWordPressのバックアップを取る方法

WordPressのバックアップは、以下の2つに分けて取っていきます。

  • ファイルのバックアップ
  • データベースのバックアップ

これら2つに分けておくことで、いざバックアップを復元する時にやりやすくなります。

専門的な話は分からなくても問題ないので、必要なところだけをお伝えしていきますね。

ファイルのバックアップを取る

まずはファイルのバックアップの設定からです。

BackWPupをインストールしたらメニューが追加されているので、「新規ジョブを追加」をクリックします。

BackWPupから「新規ジョブを追加」を選択

一般設定

まずはバックアップのファイル名を入力します。分かりやすい名前なら何でもOKです。

BackWPupのバックアップファイル名を入力

次にジョブタスクを選択します。

「ファイルのバックアップ」だけをクリックします。

BackWPupでバックアップするジョブタスクを選択

その下にあるアーカイブ名はデフォルトのままでOKです。

BackWPupのバックアップアーカイブ名はデフォルトでOK

そしたらバックアップファイルの保存方法を選択します。

ここでは「Dropboxにバックアップ(オンラインストレージに保存)」にチェックを入れます。

BackWPupのバックアップファイルの保存方法を選択

そしたら「変更を保存」をクリックして次に進みます。

スケジュール設定

タブの「スケジュール」をクリックしたら、「ジョブの開始方法」から「WordPress の cron」を選択します。

BackWPupのバックアップスケジュールを選択

そしたら細かいスケジュール決めです。

「スケジューラーの種類」を「基本」にし、スケジュールの頻度を決めていきます。

BackWPupのバックアップスケジュールを選択②

僕は毎週更新で良いと考えています。頻繁にやるとサーバーに大きな負荷をかけてしまうかもしれないからですね。

毎日記事数十本とか更新しまくっているサイトじゃない限り、週に1度で十分です。

また曜日と時間ですが、あなたのサイトのアクセスを分析して、一番アクセスが少ない曜日と時間に合わせればOKです。

僕は月曜日の3時に設定しています。

またタブの「ファイル」はデフォルトのままでOKです。

次は保存方法ですね。

Dropboxというオンラインストレージにバックアップファイルを保存していきます。

まずはタブの「宛先:Dropbox」をクリックします。

もしDropboxのアカウントを持っていない場合は「アカウントを作成」から作成していってください。

BackWPupからDropboxのアカウント作成

アカウントがすでにある場合は、BackWPupとDropboxを紐づけていく設定をしていきます。

「Dropboxのアプリへのアクセス」から、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

BackWPupからDropboxのアプリ認証コードを取得

そしたらDropboxの画面に飛ぶので、ログインしましょう。

BackWPupからDropboxにログインする

ログインしたら「許可」をクリック。

BackWPupからDropboxへのアクセスリクエストを許可

表示されたコードをコピーします。

Dropboxのコードをコピー

そしたらBackWPupの画面に戻るので、コードを貼り付けます。

DropboxのコードをBackWPupに貼り付け

下に少しスクロールして、保存先フォルダー名を確認します。

もし文字化けして英数字が羅列されている場合は、「/分かりやすいファイル名/」に変更しておきましょう。

BackWPupの保存先フォルダーは分かりやすい名前にする

これでBackWPupとDropboxを紐づけられました。

記事や画像が多いサイトの場合、バックアップファイルの容量が大きくなります。Dropboxはファイル容量に上限があるので、上限いっぱいになる前に適度に古いバックアップを削除していきましょう。

データベースファイルのバックアップを取る

さて次に、データベースのバックアップの設定です。

「新規ジョブを追加」から、データベースファイル用のバックアップのジョブを作っていきます。

一般設定

BackWPupでデータベースのバックアップを取る

ジョブ名入力したら、ジョブタスクで

  • データベースのバックアップ
  • インストール済みプラグイン一覧

を選択します。

あとはデフォルトのままでOKです。

スケジュール設定

スケジュール設定は、さきほどファイルのバックアップでお伝えしたように、週に1度で良いです。

デフォルトのままでOK。

デフォルトのままでOK。

先ほどと同じ手順で、Dropboxのコードを貼り付ければOKです。

以上、これで毎週1回、あなたのサイトのバックアップを取ることが出来るようになりました。

万が一サイトが消えてしまったとしても安心ですね。

バックアップファイルは自分のPCにも保存しよう

今回の記事では、バックアップファイルはオンラインストレージに保存する方法をお伝えしました。

が、万が一に備えて、自分のPCにも保存しておくとより安心です。

もしデータを絶対に消したくない場合は、オンラインストレージから自分のPCにダウンロードして保存しておきましょう。

サーバー会社バックアップ + オンラインストレージにバックアップ + 自分のPCにバックアップ
というバックアップ体制であれば、よほどのことがない限りデータが消失することはないはずです。

以上、参考にしてみて下さい。

それではお読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える

BackWPupでWordPressのバックアップを取る方法を専門用語使わず解説
最新情報をチェックしよう!
広告