WordPress Calls To Action の使い方|CTAの設置からABテストのやり方まで

WordPress プラグイン
スポンサーリンク

この記事では、プラグインの「WordPress Calls To Action」の使い方をお伝えします。

これを読んでもらえば、CTAの設置からCTAのABテストまで、迷うことなくできるはず。

見込み客をより多く獲得するためにも、1日でも早くCTAは設置したいところです。

インストール方法については省きますので、さっそくCTAの使い方から見ていきましょう。

WordPress Calls To Action でCTAを作成する

まず、ダッシュボードの「Calls to Action」から「Add New」を選択します。

そしたらテンプレートを選択していきます。

ここではシンプルな「Flat CTA」を選択してみましょう。

次に、CTAの管理用の名前を入力していきます。

読者には見えない名前なので、自分が管理できる名前であればOKです。

僕はよく日付を入れて管理しやすいようにしています。

管理用の名前を入力したら「Create Call to Action」をクリックしましょう。

そしたらCTAを細かく設定していきます。

Header Text に、CTAのタイトル・キャッチコピーを入力します。読者の目を思わず引いてしまうような、インパクトのある文章にしたいですね。

またWordPressの投稿と同じく、画像を挿入したり、本文を入力したりすることも出来ます。読者の目を引く画像を載せたり、思わず興味がわいてしまうような文章を書いていきたいですね。

作り方については後述しますので、まずは仮で入力していきましょう。

そしたらボタンに表示されるテキストを入力して、ボタンのリンク先のURLも入力します。資料請求のページやメルマガ登録ページがあるのなら、それらのURLを入力しましょう。

さらにその下の「CTA Settings」を見て、URLの開き方を選択していきます。

デフォルトでは「同じページでURLを開く」になっています。「新しいウィンドウでURLを開く」にしたい場合は、選択し直しておきましょう。

次に、これは知識がある場合で良いんですけど、CTAのみに適用されるCSSやJS(Java Script)を記述することも出来ます。

デザインをカスタマイズしたい場合は、それぞれ記述してみて下さい。

以上、これでCTAを作成することが出来ました。

そしたら投稿ページにCTAを設置する方法をお伝えしていきます。

WordPress Calls To Action でCTAを設置する

設置方法は簡単で、個別の投稿編集ページから選択するだけです。

「Call to Action Template」から先ほど作ったCTAを選択して、「Placement on Page」からCTAの位置を選択します。

位置についてはデフォルトで構いません。投稿の本文下にCTAが表示されます。

またCTAのショートコードをコピペすれば、好きな位置にCTAを設置することも可能です。ショートコードはCTA編集画面や、CTAの一覧ページからコピー出来ます。

投稿ページ一つ一つにCTAを設定するのが面倒な場合は、投稿の本文下にウィジェットを配置して、そのウィジェットにCTAのショートコードを貼り付けてみて下さい。

CTAを設置したら、必ず自分の目で確認してみて下さいね。

WordPress Calls To Action でCTAのABテストを行う

次に、ABテストのやり方について見ていきましょう。

といっても、めちゃめちゃ簡単です。

先ほど作ったCTAの編集画面から、上のタブの「B」を選択します。

そしたら先ほどと同じ手順で、ABテストの「B」パターンのCTAを作っていきましょう。

これで、読者によってAとBが振り分けられるようになりました。

ABテストの結果が知りたい場合は、一覧画面から確認できます。

↑↑AとBで、どれくらい見られたのか(VIEWS)、そしてボタンが何回クリックされたのか(CONVERSIONS)、それぞれ数字が表示されます。

ただABテストをやるにはコツがあるので、以下もこのまま読んでみて下さい。

ABテストのコツは1要素ずつ行うということ

ABテストのコツは、1要素ずつ行うということです。

たとえばCTAの要素(CTAに含まれるもの)は、大きく分けて以下の5つがあります。

  • タイトル(キャッチコピー)
  • 画像
  • 本文
  • ボタンの文言
  • ボタンの色

それらを同時に複数テストするのではなくて、一つだけをテストしていきます。

ボタンの色をテストする場合は、ボタンの色を変える以外の変更はしないということです。

というのも、複数の要素を同時にテストしてしまうと、どの要素が良かったのか?が分からなくなってしまうからですね。

なので、一つの要素ずつテストしていってください。

ただし、異なるオファー(提案)をテストする場合は、AとBのCTAがガラッと変わってしまってもOKです。

ABテストの結果は有意差判定で確認する

そして「ABテストの結果はどう判断したらよいか?」なのですが、有意差判定というものを使っていきます。

例えば、

  • A … 表示回数:3,000 クリック数:30 クリック率:1%
  • B … 表示回数:2,500 クリック数:20 クリック率;0.8%

という結果が出たとします。

クリック率だけで見ると、Aの勝ちですよね。

ただ、もう少し長い期間ABテストを続けたら、もしかしたらBが逆転するかもしれません。

なのでそのABテストの結果が信頼できるのか?を見極めるために、有意差判定を使っていきます。

A/Bテスト信頼度判定ツール(有意差判定)

信頼度が高ければ高いほど、より正確な結果ということですね。

なのでABテストの結果が出たら、この有意差判定ツールでチェックしてみて下さい。

以上、WordPress Calls To Action の使い方についてお伝えしました。

CTAはABテストを何度も続けて改善していこう

理論上ですが、ABテストを続けていれば、より成果が出るCTAを作ることが出来ます。

僕も何度もABテストをしてきましたが、続けることで成果が2倍以上になったことがありました。

なので、見込み客をより多く集めていくためにも、CTAを何度もABテストしていきましょう。

それではお読みいただきありがとうございました。

WordPress プラグイン
役に立ったらシェアお願いします!
マーケのじかんをフォローする
スポンサーリンク
ブログ運営者

年収数十億のベンチャー企業で約5年、コピーライター兼マーケッターとして経験を積み、独立しました。セールスレター・LP30本以上、メルマガ・ステップメール1400本以上、SEO記事300本以上書いてきました。情報商材やサプリメント系物販、セミナー集客や英会話教室立上げ、オウンドメディアの立ち上げや運営など、企画・開発・販促・顧客対応など経験してます。

マーケのじかんをフォローする
マーケのじかん