サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

【2019年版】エックスサーバーでWordPressを完璧インストールする手順

エックスサーバーでWordPressをインストールする時は、簡単に思えてつまづくかもしれません。

初心者には分からない用語や設定内容が出てくるものなので。

というとハードル上がったかもしれませんが大丈夫、安心してください。

この記事では、たとえ知識がなかったとしてもつまづかないように、画像を交えながらエックスサーバーでWordPressをインストールする方法を全てお伝えしています。

やることが多く大変に見えるかもしれませんが、一つ一つの設定自体はすごくシンプルです。

分かりやすい言葉でお伝えしますし、なんなら画像の通りクリックしたり入力したりするだけでWordPressを始められます

ということでさっそくこの記事を見ながら、エックスサーバーでWordPressをインストールしていきましょう。

エックスサーバーに申し込む

まずはエックスサーバーの公式サイトのトップメニューにある、「お申し込み」にカーソルを合わせると表示される「お申し込みフォーム」をクリックします。

XSERVERにお申し込みする

次に「サーバー新規お申し込み」をクリックします。

XSERVERでサーバー新規お申し込みする

そしたら、お客様情報を入力していきます。

入力情報は多く感じるかもしれませんが、3分ほどで終わります。

ページに表示されている説明や注意事項を読みながら入力していきましょう。

まず、申し込む契約内容についての情報を入力していきます。

XSERVER サーバーIDを入力する

サーバーID(初期ドメイン)はサイトやブログのために使うよりも、ログイン情報として使うことがほとんどです。

WordPressでサイトやブログを運営する場合は別のドメインを使用するケースがほとんどなので(後述)、そこまでこだわる必要はないと僕は考えています。

なので、あなたが覚えやすいサーバーIDで良いと思います。

ただ、あとから変更することは出来ないので、変な文字列にしないように注意です。

さて次はプランの選択です。

xserver でスタンダードプランを選択する

プランは初めてであればX10(スタンダード)を選択しておきましょう。

どんなサイトを運営するかによりますが、大体月に100万PV(アクセス)でも問題なく運営できると言われています。

また、プランは後からでも変更できるので、最初はX10で良いです。

プランを選択したら、次は会員情報です。

注意書きを読みながら入力していきます。

XSERVERで会員情報を入力する

メールアドレスは、普段よく見るメールアドレスを設定しましょう。

エックスサーバーの更新期限や障害報告など、重要な連絡がくるためです。

そして「利用規約」と「個人の取り扱いについて」に目を通したら、下にあるチェックボックスをクリックしてチェックを入れましょう。

XSERVERの利用規約を読んで同意する

お客様情報を入力したら、お申込内容の確認ボタンをクリックします。

XSERVERのお申込内容を確認する

すると契約内容が表示されます。

間違っていないか確認したら「お申し込みをする」ボタンをクリックします。

xserverのお申し込み完了

これでエックスサーバーのお申し込みが完了しました。

申し込み完了のメールが、登録したメールアドレスにすぐに送られます。

いったんお疲れさまでした。

もちろん現時点では料金は発生しておらず、10日間の試用期間が与えられています。

さてそれでは次に、申し込み時のメールを確認していきしょう。エックスサーバーから

Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

という件名のメールが来ています。メールを開いてみましょう。

メールには会員IDやサーバー情報など、重要な情報が記載されています。

なので一通り目を通した後、メールは大切に保管しておくのをおすすめします。

メールを上から下にスクロールしていくと、以下のように書かれている部分があります。

▼サーバーアカウント情報

サーバーID:~~~
サーバーパスワード:~~~
サーバー番号:~~~
初期ドメイン:~~~
サーバーパネル:https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

上記に記載されている「サーバーパネル」のURLをクリックしましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルログインフォームに飛びます。

メールに記載されている会員ID(もしくは登録メールアドレス)とパスワードを入力して、ログインボタンをクリックします。

エックスサーバーのサーバーパネルログインページ

ログインに成功すると、エックスサーバーのサーバーパネルページが表示されます。

エックスサーバーのサーバーパネル

このサーバーパネルページから、ドメインの設定やWordPressのインストールをしていきます。

まだ試用期間ですが、ドメインの設定もWordPressのインストールも出来ます(実際に試してみました)。

エックスサーバーの使用感を確かめるためにも、まずは試用期間中にドメインの設定とWordPressのインストールをしていきましょう。

「よし、エックスサーバーでWordPressを運営しよう!」と決めたのなら、すぐに料金を支払いましょう。後回しにしてしまうと忘れがちになってしまうからです。料金の支払いについては、この記事の後半の『エックスサーバーの支払いを完了させる』でお伝えしています。

エックスサーバーでドメインの設定する

WordPressを運用するための、ドメイン設定をしていきます。

他社で独自ドメインを取得している場合は『準備2.ネームサーバーをXサーバー指定のものに変更する』に進んでください。

ドメインをまだ取得していない場合は、このまま下を読んで準備していきましょう。

準備1独自ドメインを取得していない場合

エックスサーバーのプランによって、オススメの取得方法が異なります。

  • プランX10の場合、ドメイン提供会社から独自ドメインを購入して取得する
  • プランX20、X30の場合、プレゼントドメインを申請して無料で取得する

難しくはないので、あなたのプランに合わせて確認してみて下さい。

プランX10の場合:ドメイン提供会社から独自ドメインを購入して取得する

エックスサーバーからもドメインを購入することが出来ますが、オススメしません。

というのも、バリュードメインやお名前ドットコムなどのドメイン提供会社から購入した方が安いからです。

僕は当時キャンペーンで安かったバリュードメインで独自ドメインを取得していますが、お名前ドットコムも格安なのでオススメです。

どこで取得してもWordPressの運営には影響はないので、安さで決めてしまって良いと思います。

ドメインの取得方法については、別記事『ドメイン名の決め方は3つ|ブログ名・名前・関連キーワードを入れる』を参考にしてみて下さい。

そしてドメインを取得したら、この下に記載している『準備2.ネームサーバーをXサーバー指定のものに変更する』に進んでいきましょう。

プランX20、X30の場合:プレゼントドメインを利用する

プランX20(プレミアム)もしくはX30(プロ)を契約している場合、エックスサーバーから以下の独自ドメインを無料で取得することが出来ます。

これをプレゼントドメインと呼びます。

  • X20の場合:.jp / .com / .net / .org / .info / .biz のいずれか
  • X30の場合:.jp / .com / .net / .org / .info / .biz / .co.jp※ / .or.jp※ / .ne.jp※ / .gr.jp※ のいずれか

新規取得には取得条件があります。

ただ、プレゼントドメインを申請できるのは、サーバーの利用料金を支払って本契約となったあとです。

なので、プレゼントドメインを申請する場合は『エックスサーバーの支払いを完了させる』に飛んで、先に料金支払いを済ませましょう。

プレゼントドメインの内容やお申し込み手順は、エックスサーバーの公式のマニュアルを参考にしてください。

プレゼントドメインを申請したら、次のネームサーバー変更は飛ばしてもらってOKです。

準備2ネームサーバーをXサーバー指定のものに変更する

他社で独自ドメインを取得した場合、ネームサーバーというものをエックスサーバー指定のものに変更する必要があります。

ネームサーバーとは、ドメインとサーバーを紐づけるものと考えてOKです。

なんか難しそうだな…と思っても設定自体は簡単なので安心してください。

各ドメインの管理画面で、ネームサーバー1~5の5つを、以下のエックスサーバーのものに書き換えるだけです。

ネームサーバー1ns1.xserver.jp
ネームサーバー2ns2.xserver.jp
ネームサーバー3ns3.xserver.jp
ネームサーバー4ns4.xserver.jp
ネームサーバー5ns5.xserver.jp

他のドメイン提供会社で取得した場合は「会社名 ネームサーバー変更」と検索したり、各公式サイトを参考にしたりして進めていきましょう。

そしてネームサーバーの変更をしたら、この記事に戻ってきてくださいね。

ネームサーバー変更後、変更が反映されるまで数時間~48時間かかります。ただ僕の場合は48時間もかかったことはなく、1時間以内に反映が完了したこともあります。場合によりますね。

反映が完了したら、次のドメイン設定を進めていきましょう。

エックスサーバーでドメイン設定をする

まず、エックスサーバーのサーバーパネルのメニューの「ドメイン」の「ドメイン設定」をクリックします。

XSERVERでドメイン設定をする

ドメイン設定ページの「ドメイン設定の追加」タブをクリックします。

ドメイン名の右側の枠に、あなたが取得している独自ドメインを入力しましょう。

xserver ドメイン設定の追加

「無料独自SSLを利用する」にデフォルトでチェックが入っていますが、これはチェックは入れたままにしましょう。

というのも無料独自SSLを利用することでサイトのセキュリティが高まるからです。

SSL とは「Secure Sockets Layer」の略で、シンプルに言うと「サイトの安全性を高める技術」です。データ通信が暗号化され、第三者への情報漏洩を防ぎます。

無料独自SSLを利用することで、「http://~」ではなくて「https://~」で運営できるようになります。グーグルはどんなサイトであれ「https://~」で運営することを推奨しています。

サイトを読んでくれる人には安心感を与えたいですよね。

なので「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れたままで、右下の「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンをクリックしましょう。

xserver ドメイン設定の追加の確認

「CSR情報を入力する」というチェックボックスがありますが、特に必要はないのでそのまま進めていきましょう。

入力したドメインが間違っていないことを確認したら、「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします。

これで、エックスサーバーに独自ドメインを設定することができました。

ここでいったんお疲れさまでした。

ドメインの設定を追加した後は、サーバーに反映されるまで数時間~24時間かかる場合があります。

ただ、エックスサーバーから反映完了のお知らせが来ることはないので、数時間(1~3時間ほど)たったら次に進みましょう。

備考:ドメインのネームサーバーの指定が完了していない場合

他社で取得した独自ドメインのネームサーバーを、エックスサーバー指定のものに変更していない場合や、変更したけど反映が完了していない場合、ドメイン設定完了ページに「無料独自SSLの設定に失敗しました」と表示されます。

びっくりするかもしれません。

ただ、あとから無料独自SSLを設定することはできるので安心してください。

まずはWordPressをインストールしてしまいましょう。

エックスサーバーでWordPressをインストールする

さて、ドメインを設定したらエックスサーバーにWordPressをインストールしていきましょう。

まず、エックスサーバーのサーバーパネルのメニューの「ホームページ」の下にある「自動インストール」をクリックします。

xserverでWordPressの自動インストールを行う

ドメイン選択画面が表示されるので、WordPressをインストールしたいドメイン名の右にある「選択する」というテキストリンクをクリックします。

自動インストール画面が表示されるので、タブの「プログラムのインストール」をクリックします。

プログラムのインストールを選択する

WordPress日本語版の枠内にある「インストール設定」というボタンをクリックします。

XSERVERのWordPressのインストール設定を行う

以下、WordPressのインストールに必要な情報を入力していきます。

項目が多いですが、難しくはないので一つ一つ入力していきましょう。

WordPressインストールまであと少しです!

インストールURL(ドメイン名)が、WordPressをインストールしたいドメイン名になっているか確認しましょう。

右側の枠は何も入力せずに空白でOKです。

空白にしておくことで「http://ドメイン/」でアクセスできるようになります。

ここに英数字を入力してしまうと、例えば「https://ドメイン/abc」というURLになってしまいます。

URLをスッキリさせた方が覚えやすいし入力しやすいので、基本的に空白でOKです。

XSERVERのWordPressインストール。ブログ名を入力する

次にブログ名を入力します。

ブログ名がまだ決まっていない場合、別記事『ブログ名の決め方|成功例を真似する3つのパターン+α』を参考にしてみて下さい。

ブログ名は後からでも自由に変更できるので、もし決まっていない場合は仮のブログ名を入力しましょう。

XSERVERのWordPressインストール。ユーザ名を入力する

次はユーザ名です。ユーザ名は、WordPressのログイン用のIDとして使用します。

またユーザ名は、WordPressの管理画面上からは変更できません。

変更の際はデータベースに接続するという手間がかかるので、変なユーザ名にしないようにしましょう。

ブログ上のあなたのプロフィール名は自由に変えられるので安心してください。

XSERVERのWordPressインストール。パスワードを入力する

パスワードは他の人に推測されないものを入力しましょう。

思いつかない場合パスワード生成で作るとラクです。

XSERVERのWordPressインストール。メールアドレスを入力する

WordPressで使用するメールアドレスを入力します。

WordPressのアップデート情報や、コメント通知などを受け取れます。

あとからでも自由に変更可能です。

Xserverのwordpressインストール。「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れる

そして「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れます。

初めてWordPressを運営したりインストールしたりするのであれば、「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れればOKです。

上記が全て入力出来たらOKです。「インストールする(確認)」ボタンをクリックします。

次に「インストール(確定)」をクリックします。

赤文字で「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」と出ますが、問題ないのでそのまま進めてOKです。

これでWordPressのインストールが完了です。

インストール完了後にWordPressへの管理画面へのログインや編集に必要な情報が記載されているので、必ずメモなどに控えて保存しておいてください。

備考:「PHPバージョン設定」での設定変更を推奨された場合

WordPressが正常にインストールできた場合、この備考部分は飛ばしてOKです。『WordPressにログインする』に飛んでWordPressにログインしていきましょう。

「インストール(確認)」ボタンをクリックした際に、以下のような「PHPバージョン設定」での設定変更を推奨される場合があります。

ドメイン「(ドメイン名)」のPHPバージョンは PHP が設定されています。
WordPress 4.Xの動作環境は、PHP 7.X以降を推奨(PHP 5.2以降で動作可能)です。
ご利用になるには、「PHPバージョン設定」での設定変更を推奨いたします。

赤文字でびっくりするかもしれません。僕も「!?」とびっくりしました。

ただ、心配無用です。どういうことかというと、「今現在インストールしようとしているWordPressのバージョン」が推奨しているPHPのバージョンよりも、あなたの今のPHPバージョンが古いよ、ということです。

例えるなら、このゲームソフトはPS4でプレイできるけどPS2だとプレイできないよ(だからPS4でプレイしてね)、みたいな感じですね。

なので、PHPバージョンの設定を変更しましょう。

赤文字に記載されている「PHPバージョン設定」をクリックするか、メニュー「ホームページ」の下にある「PHP Ver.切替」をクリックします。

クリックすると設定対象ドメインの情報が表示されます。

そしたら「変更後のバージョン」の枠内をクリックして、一番上の(推奨)と書かれているものを選択します。

そしたら右にある「PHPバージョン切替(確認)」ボタンをクリックして、PHPの切り替えを確定させていきましょう。

切替終わったら再度、WordPressのインストール情報をしていきます。

WordPressにログインする

さてエックスサーバーにWordPressをインストールことが出来たので、さっそくWordPressにアクセスしてみましょう。

WordPressのインストール完了後に表示されているURLをクリックします。

もし「無効なURLです」と以下のようなテキストが表示されたら、ドメインやネームサーバーの変更が反映されていない可能性があります。

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

その場合は、しばらく(1~2時間ほど)時間をおいてから、改めてアクセスしてみて下さい。

さてログイン画面が表示されたら、ユーザ名(ID)もしくはメールアドレスを入力し、パスワードも入力したら、「ログイン」をクリックします。

頻繁にログインするものなので、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れておきましょう。

WordPressにログインする

以下のようにWordPressの管理画面に入れたら完了です。

wordpressの管理画面

管理しやすいように、忘れずにWordPressの管理画面をお気に入りに保存しておきましょう。

備考:ページが表示されない場合

WordPressURLにアクセスしてもページが表示されない場合、時間をおいて再度アクセスしてみて下さい。

ドメインやネームサーバーの反映完了していない場合があります。

エックスサーバーの支払いを完了させ

WordPressをインストールして実際に触ってみて、「よし、エックスサーバーでWordPressを運営していこう!」と決まったら、試用期間が切れる前に支払いを完了させておきましょう。

料金支払いはエックスサーバーのインフォパネルから行います。インフォパネルにログインしましょう。

インフォパネルにログインしたら、メニューの「決済関連」の下にある「料金のお支払い」をクリックします。

XSERVERで料金の支払いをする

料金支払いページを下に見ていくと、「お支払伝票の発行」という項目があります。

その下にある「サーバーご契約一覧」に試用期間中のプランとサーバーIDが表示されています。

XSERSVERで支払いをする。契約しているサーバーを選択する

料金を支払うサーバーIDの左にあるチェックボックスにチェックを入れて、更新期間を指定しましょう。

更新期間が長ければ長いほど、1ヶ月あたりの料金は安くなります。

以下に各プランのリンクを載せているので、確認したい場合はクリックして見て下さい。

初めてWordPressを運営するのであれば、12ヶ月を選択するのがオススメです。

というのも僕の経験上、3ヶ月や6ヶ月という期間ではブログを大きくすることが難しいからです(ブログのテーマや戦略によります)。

更新期間を指定したら、右の「お支払方法を選択する」ボタンをクリックします。

次に支払いです。エックスサーバーでは、次の4つの支払い方法が選択できます。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード
  • コンビニエンスストア
  • ペイジー

あなたの希望するお支払方法を選択しましょう。

僕は支払いの自動更新ができるクレジットカードを選択したので、以下はクレジットカード決済の説明となります。

クレジットカード以外のお支払いを希望される場合、ご自身で進めていってください。

料金お支払いページの下にある、「クレジットカード決済画面へ進む」ボタンをクリックします。

Xserverの支払いをクレジットカードで行う

クレジットカード番号と有効期限を入力したら、「カードでのお支払い(確認)」ボタンをクリックしましょう。

契約の自動更新をする場合、「自動更新設定を行う」の左のチェックボックスをクリックしてチェックを入れておきます。

Xserverの支払い。クレジットカード情報を入力する。

入力した情報に間違いがないか確認したら、「カードでのお支払い(確定)」をクリックします。

Xserverの支払い。入力情報を確認する

これでクレジットカードによる料金の支払いが完了しました。

無事決済されていれば、これにてエックスサーバーの契約は完了です。

長いことお疲れさまでした!

さっそくWordPressを運営していこう…と、その前に!

以上でエックスサーバーへのWordPressのインストールが完了し、晴れてWordPressを運営していけるようになりました。

が、実はまだ設定しておいた方が良いものがあります。

WordPressをインストールして疲れたかもしれませんが、お茶とかコーヒーを飲んでリラックスしたら以下も読み進めてみて下さい。

エックスサーバーをSSL化する

もし無料独自SSLがまだ完了していない場合は『エックスサーバーの常時SSL(https化)の設定|初心者向け解説』を読んで完了させておきましょう。

聞きなれない言葉があるかもしれませんが、設定自体はすごく簡単です。

WordPressの初期設定を変更する

WordPressは初期設定のままだと使いづらいですし、SEO的にも良くないです。

SEO とは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化と言われたりします。

シンプルに言えば、自分のサイト(の記事)をWEBでの検索結果の上位に表示させるための取り組みのことです。

なので、WordPressでサイトやブログを運営する前に、設定を変更しておいたほうが良いと僕は考えています。

以下の記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

以上、やることが多くて大変かもしれませんが、最初が肝心です!

最初に設定してしまえば、あとはほとんど設定はいじりません。

WordPressが使いやすくなるし、SEO的にも良くなるし、読者にとっても読みやすいサイト(ブログ)になるので、ぜひ設定を済ませていきましょう。

それではお読みいただき、ありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える