サイト名を「ブログチップス」から「マーケのじかん」に変更しました(2018.12.6)

【2019年】WordPressの無料テーマのおすすめはこの3つでした【厳選】

WordPressの無料のテーマで、忖度なしでおすすめ出来るものは以下の3つです。

  1. Cocoon
  2. Luxeritas
  3. LION BLOG

この記事で紹介しているテーマは全て、日本語対応、レスポンシブ対応です。そして高機能かつハイスピード表示が可能。

以前(2019年前半)は有名なものもあわせて11個の無料テーマをおすすめしていたのですが、「いや、マジでおすすめ出来るのはやっぱこの3つだな…」と改めて厳選してみました。

全て実際に使ってみて検証したうえでおすすめしているので、参考になるはずです。

ということで、さっそく一つずつ紹介していきますね。

Cocoon

WordPressの無料テーマ「Cocoon」

項目名説明
PSIによるページ速度Pagespeed Insightsによる計測
モバイル:99
パソコン:98
meta keywordsプラグインを使わずに設定可能。
meta descriptionプラグインを使わずに設定可能。
meta robotプラグインを使わずに設定可能。
パン屑リストプラグインを使わずに表示可能。
構造化データマークアップhentry
WPHeader
BreadcrumbList
Article
WebSite
WPFooter
SiteNavigationElement
Blog
SNSボタンプラグインを使わずに表示可能。
お問い合わせページ要プラグイン。
レスポンシブレスポンシブ対応
CTAプラグインを使わずに実装可能。
著者情報プラグインを使わずに表示可能。
AMPプラグインを使わずに有効化可能。
クレジットテーマ作者のクレジットの非表示可能。
日本語対応日本製なので日本語対応。
ジャンルブログ向け

無料テーマのCocoonはとにかく多機能&高機能!細かい部分まで自由に設定できます。

項目が多すぎるので詳細はCocoonの公式サイトを見てほしいのですが、ホント、有料テーマを使うくらいならまずはCocoonを試してもらいたいくらい、機能が充実しています。

それでいて、高速化設定をすることでページの表示速度が速くなります。僕の検証用ブログをPagespeed Insightsで計測したところ、モバイル99、パソコン98でした。

お問い合わせページを実装する場合はプラグインが必要ですが、記事下のCTAは実装できるし、AMPも有効化できるし、広告(アドセンスやAPIなど)も細かく設定できるしで、無料なのがおかしいくらいです。

また、プラグインやGravatarというサービスを使わずに、プロフィール画像を独自に設定できるのも、地味にうれしいですね。

そして作者のわいひらさんは本当に熱心な方で、公式フォーラムでユーザーの方たちの意見をくみ取り、Cocoonのアップデートを頻繁にされています。2019年1月2日時点で、フォーラム参加メンバーは5,844名、フォーラムの投稿数は1万件以上です。

トラブルや不具合が起きた場合は、わいひらさん自らも対応してくれますし、メンバー同士の意見交換もあります。

なので「この設定が分からない…」という場合も、フォーラムを活用すれば解決するのも心強いですね(あ、ちゃんと自分で調べて検証する努力をしてから、フォーラムに書き込みましょうね!)

少しでも気になったのなら、公式サイトを見てみて下さい。

インストールしたら、以下の設定をしておくことをおすすめします。

Luxeritas

WordPressの無料テーマ「Luxeritas」

項目名説明
PSIによるページ速度Pagespeed Insightsによる計測
モバイル:100
パソコン:100
meta keywordsタグとカテゴリー名をmeta keywordsとして設定可能。
meta descriptionプラグインを使わずに設定可能。
WordPress標準の「抜粋」に記載されたテキストがmeta descriptionとして反映される。
meta robot設定不可。
パン屑リストプラグインを使わずに表示可能。
構造化データマークアップWebPage
hentry
WPHeader
BreadcrumbList
WebSite
WPFooter
SiteNavigationElement
Person
SNSボタンプラグインを使わずに表示可能。
お問い合わせページ要プラグイン。
レスポンシブレスポンシブ対応
CTA設定不可。
著者情報プラグインを使わずに表示可能。
ただし画像はない。
AMPプラグインを使わずに有効化可能。
クレジットテーマ作者のクレジットの非表示は不可。
日本語対応日本製なので日本語対応。
ジャンルブログ向け

多機能なのに高速な「Luxeritas(ルクセリタス)」です。

本当に速いです。僕の検証用ブログをPagespeed Insightsで計測したところ、モバイルもパソコンも100でした(グーグルアナリティクスタグを入れていないので100を実現できています)。

もちろん環境や設定によるのですが、WordPressの無料テーマでモバイルもパソコンもスコア100を取れるのはなかなかありません。

そしてこれも有料テーマ使う必要なくね?と感じるくらい多機能で、レイアウト、フォント、カラーなど、約36種400項目カスタマイズできます。書ききれないのでLuxeritas公式サイト見て下さい。

そして開発者のるなさんの開発ポリシーが素晴らしく、他のサイトに移行してもレイアウトを崩さないように設計されています。

AMPもオリジナルページと見た目がほとんど変わらず、ページ単位でのAMPの設定もできます。CSSの知識があるのなら、AMP用CSSで見た目を自由にカスタマイズすることもできます。

お問い合わせページと記事下のCTAはないですが、それらが気にならないのであればおすすめですね。

LION BLOG

WordPressの無料テーマ「LION BLOG」

項目名説明
PSIによるページ速度Pagespeed Insightsによる計測
モバイル:100
パソコン:99
meta keywords設定不可。
meta descriptionプラグインを使わずに設定可能。
meta robotプラグインを使わずに設定可能。
パン屑リストプラグインを使わずに表示可能。
構造化データマークアップBreadcrumb
BlogPosting
SNSボタンプラグインを使わずに表示可能。
お問い合わせページプラグインを使わずに実装可能。
レスポンシブレスポンシブ対応
CTAプラグインを使わずに実装可能。
著者情報プラグインを使わずに表示可能。
AMPプラグインを使わずに有効化可能。
クレジットテーマ作者のクレジットの非表示可能。
日本語対応日本製なので日本語対応。
ジャンルブログ向け

ブログ向けのWordPressの無料テーマで、強くおすすめしたいのがLION BLOGです。

おすすめ理由は上記の通り、無料なのに高機能だというところですね。またプラグインを使わずに、あれこれカスタマイズできるのもポイント高いです。

SEO対策であるmeta descriptionやmeta robotの設定も、各ページごとに設定可能です。

お問い合わせページも作成可能。AMP(高速表示)も可能。記事下にCTA(資料請求やメルマガ登録など、行動を促すパーツ)を設置することも可能!

それでいてページ表示速度が速い。Pagespeed Insightsで僕の検証用ブログを計測してみたところ、モバイル100、パソコン99でした。

デザインもオシャレですよね。ブログ初心者でも、綺麗で、おしゃれなブログにすることが出来ます。もちろんテーマカラーや見出しの色などは変えられますし、自分好みのカラーにすることも出来ます。

他の無料テーマでここまでそろえようとすると、プラグインをあれこれ入れなければ無理ですね。

で、プラグインを入れれば入れるほどページが重くなったり、エラーが出てしまう原因となります。が、LION BLOGならそんな心配はありません。

ページの表示速度が速く、高機能で、プラグインも極力使わず、SEO対策もされていて、デザインもおしゃれな無料テーマって、まずないですよ。

WordPressでブログをやろうとしているなら、一度は試してみて下さい。

ちなみにLION BLOGであれば、必須プラグインは5つだけです。

そのプラグインについては別記事『WordPressのプラグインで必須なのは5つ+おすすめ3選』でお伝えしていますので、よければ参考にしてみて下さい。

また、LION BLOGをインストールしたら、以下の記事を参考に設定することをおすすめします。

ちなみにデザイン違いの「LION MEDIA」もおすすめです。僕も他のブログで使っています。

ちなみに、LION BLOGもLION MEDIAもAMPを有効化する際は注意点があります。AMPの注意点に関しては別の記事『爆速!LION BLOG のAMP設定方法と判明した注意点』でお伝えしているので、もしAMP有効化するのなら参考にしてみて下さい。

WordPressのテーマを変更する時の注意点

無料・有料に限らず、WordPressのテーマを変更する際は、変更前と変更後でそれぞれ注意することがあります。

変更前にバックアップを取る

WordPressで新しいテーマを変更する前には、必ずバックアップを取るようにしておくことおすすめします。

というのも、場合によってはエラーが起きて、WordPressにアクセスできなくなることがあるからです。

実際に僕は、他のWEBサイトで「おすすめ」と紹介されているWordPressの無料テーマをインストールしたら、エラーが起きてWordPressが表示されなくなったことがありました。

僕の場合は、ファイルマネージャーからエラーが起きたWordPressのテーマを削除したら元に戻せました。

なので、バックアップは取っておきましょう。

あ、ここで紹介した無料テーマは僕が確認した限り、エラーが起きてWordPressが表示されなくなったことはないです。その点は安心してください。

ちなみに、WordPressのバックアップはBackWPupがおすすめがおすすめです。よかったら参考にしてみて下さい。

変更後は設定を見直す

WordPressのテーマを変えた場合は、以下の設定をし直す必要がある場合があります。

  • meta keywords
  • meta description
  • サイドバー
  • ウィジェット
  • AMP
  • 本文の装飾
  • 本文のジャンプリンク
  • グーグルアナリティクス
  • グーグルサーチコンソール
  • グローバルメニュー
  • フッターメニュー

もしWordPressのテーマを変えた場合は、必ず自分のサイトをチェックして、おかしいところがないか確認してみてください。

WordPressのテーマよりも大事なのはコンテンツの質

WordPressのテーマによって、各ページの検索順位が劇的に向上するわけではありません。

構造化データマークアップとかmeta要素は影響する可能性がありますが。

それよりも大事なのは、検索ユーザーにとって役に立つコンテンツであり、そのコンテンツの質です。

もちろんテーマにこだわって、キレイな見た目やレイアウトにする事も大事です。が、中身が伴わなければ、検索順位で上位に表示されないし、リピーターやファンもつきません。

なのでテーマを決めて自分好みにカスタマイズしたら、検索ユーザー(読者)にとって有益な情報を提供できるように、コンテンツ作成に集中していきましょう。

まとめ

WordPressの無料テーマの中で、本当にオススメできるものは以下の3つです。
  1. Cocoon
  2. Luxeritas
  3. LION BLOG

もちろん、他にも有名なテーマはたくさんあります。が、「本当にオススメできるか?自分だったらマジで使うか?」と厳選した結果、おすすめ出来るのは上記3つでした。

本当にどれも素晴らしいテーマです。もしこれからWordPressを始めたり、もしくは新しいテーマに変ようとしていたりするなら、上記3つの中から選んでみて下さい。

以上、お読みいただきありがとうございました。

ちなみに僕は「LION BLOG」の上位版である有料テーマの「THE THOR(ザ・トール)」を使っています。

余談:検証したWordPressの無料テーマ

紹介した3つのテーマは、ブログやメディア向けです。

もしコーポレートサイトやECショップ向け、ポートフォリオ向けなどのWordPress無料テーマを探している場合は、以下のスプレッドシートを参考にしてみて下さい。

僕が検証したWordPressの無料テーマの中には、コーポレート、EC、ポートフォリオ向けのテーマが多数ありました。

それこそ飲食店向け、カメラマンやデザイナー向けなどもあったので、よかったら確認してみて下さい。

↑グーグルスプレッドシートなので、PCからの方が見やすいです。

ただ正直、カスタマイズが初心者には難しかったり、SEO設定が出来なかったり、細かい設定が出来なかったりなど不満があり、超絶おすすめできるものはほとんどありませんが…。

それぞれのページ表示速度や各項目など、実際にインストールして検証してみた結果をお伝えしています。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える