YouTubeチャンネル登録者数が少ないなら非表示推奨なので手順を教える

YouTubeチャンネル登録者数が少ないなら、非表示にしたほうが良いと僕は考えています。

なぜなら、「人気がない」「つまらない」という先入観を視聴者に与えてしまうからです。

行列ができる店が人気なのは行列ができているからであって、1人も並んでいなかったらそのお店には入りづらいものです。

それと同じで、「チャンネル登録者数が少ない」という理由で、視聴者はチャンネル登録がしづらくなっている可能性があります。

「このチャンネルを登録している自分って、イケテルのかな?」と、登録するのを躊躇してしまうわけですね。

なので、もしあなたのYouTubeチャンネル登録者数が少ないなら、非表示にしましょう。

たとえYouTubeチャンネル登録者数を非表示にしても、視聴者はチャンネル登録してくれるので心配無用です(僕自身が経験済み)。

ということでこの記事では画像を使いながら、非表示にする方法を紹介しています。

すぐに終わるので、さっそくYouTubeのページにアクセスして、設定を進めてみて下さい。

YouTubeチャンネル登録者数を非表示にする7つの手順

手順は以下の通りです。

  1. YouTubeにログイン
  2. アイコンをクリック
  3. 「設定」をクリック
  4. 「その他の機能を見る」をクリック
  5. 「詳細設定」をクリック
  6. 「マイ チャンネルに登録しているユーザーの数を表示しない」にチェックを入れる
  7. 「保存」をクリック

まずはYouTubeにログインしましょう。

そしたらページ右上のアイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

そしたら「アカウント」の下にある「その他の機能を見る」をクリックします。

次に、左のメニューの「チャンネル」の下にある「詳細設定」をクリックします。

少し下にスクロールして、「マイ チャンネルに登録しているユーザーの数を表示しない」にチェックを入れます。

そして最後に「保存」をクリックすればOKです。

以上、お疲れさまでした。

YouTubeチャンネル登録者数が増えてきたら非表示を解除する

YouTubeチャンネル登録者数が増えてきたら、今度は非表示を解除して、堂々と登録者数を見せましょう。

というのも、登録者数が多いと「このチャンネル面白そう」「人気だから登録しておこう」と思って、視聴者が積極的に登録してくれる可能性があるからですね。

冒頭でお伝えしたのと真逆です。人は群れているものに群れるので、YouTubeチャンネル登録者数が増えたら非表示を解除したほうが良いです。

具体的な数字は明確に言えませんが、1,000以上あれば「少ない」と感じることはないというのが個人的な考えです。

もちろん、人によって感じ方は違うので正解はありません。

ただ、登録者数が増えてきて、コメントもついて、ファンが出来てきたなと感じたら、チャンネル登録者を表示していきましょう。

以上、お読みいただきありがとうございました。

もしあなたがフリーランスや個人事業主なら

アンケートにご協力いただけませんか?

というのも、フリーランスや個人事業主同士で集まれるようなコミュニティを作りたいと考えているためです。頂いた意見を参考にして、より多くのフリーランスや個人事業主の役に立つコミュニティを作り上げていきます。そのためにもあなたの力が必要です。ということで、以下をクリックしてアンケートに答えてみて下さい。

ここをクリックしてアンケートに答える